愛おしい背中

双子が産まれて4か月が経った。
長男である2歳8ヶ月の孫は、双子の出産前後の4か月間は保育園へ通っていたが、その後、育児でてんてこ舞いの母親の傍で過ごしている。

孫は、午前中の4時間程、私と遊ぶことが多くなった。
私が迎えに行くと孫は母親の顔を見ながら「ママ おる(ママの傍に居たい)」と言う。
母親と離れる事が寂しいに違いないのに、結局は母親を困らせないように私に抱かれる。

孫は靴を履きトボトボ歩いて私の車に乗り込む。
私は、その小さい後ろ姿が愛おしくてたまらない。
母親と離れたくないよね。
弟や妹と一緒に家でゆっくり遊びたいのよね。
これ以上愚図ると母親に迷惑をかけると思っているのね。

今日は、黒島公園に行った。
つつじが咲く公園内を歩いた。
二人で海を眺めた。

2歳にして哀愁漂う後ろ姿、
なんとも愛おしい背中だこと。

.

.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中