帳簿付けの大切さ

White Stone家は、日中、ランダムに3人の孫がやってくる。その孫が帰ると静かになる。
それを見計らいながら、隙間時間にようやく『国税関係帳簿の電磁的記録等による保存等の承認申請』の書類を書き上げた。
夫は事業を営んでいる。個人事業主である。
私は、一切の帳簿付けを任されている。
2020年から青色申告特別控除65万円が見直しになった。
例年、会計ソフトで複式簿記の帳簿を作成しているので最高65万円の青色申告特別控除があった。
だけど、平成30年度の税制改正で65万円、55万円、10万円の3種類に分かれることが決まった。
現行のままだと、55万円の控除となる。
どうすればこれまでどおり65万円の控除を受けることができるのか、期日が差し迫っている中、ここ数日、あれこれ検索していた。
(1)電磁的記録の備付けおよび保存をしている場合
(2)e-Taxにより電子申告をしている場合
ふむふむ。
当店は、(1)で行こう!
加入している団体との折り合いから、それがベストだと判断した。
運よく、当店で使用している会計ソフトはJIIMAの認証を受けている。
しめしめ、簡単な書類の方だわ。乗りに乗ってきたよ。と、思っていたら、添付書類???
『記載事項を補完するために必要となる書類その他参考となるべき書類』とは、なんぞや!
どこかのページに操作マニュアルの添付と、書いてあったような。
国税庁が求めていることは…店主と担当者の意識統一!と、考えて結局、会計ソフトの入力手順と当店の取扱規定を添えることにした。
表題 
(あ)帳簿付けの大切さとお約束
(い)入力手順と取扱の仕方
内容 : 毎日、データを取り込みます。下記の通り操作をし日常的に記帳をしていきます。店主は、総勘定元帳の収入と支出を確認し、残高試算表にて経営状況の把握をし、データの保存につとめます。お金の透明性を保ち、正確な確定申告を行います。
そう言った内容で締めくくった。

「やったー!」と、一室で一人、歓喜の声。
なんと、地味な喜びでしょう。
やっぱり、私は、知らないことを理解しようとする時間が好きだな。
新しいことを学ぶことは楽しいこと。
今まで知らなかったことが分るということは嬉しいこと。

検索で、この申請書の意義を理解した。記載要領は、(添付書類を除いて)詳細に書かれており親切だった。
多くの人々が、この盆休みを利用して、この申請書に奮闘したことだろう。
お盆明けに税務署に提出してまいります。
さて、受理してくださるかどうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中