一寸先が見えない時

職を無くしたー。
一寸先が見えない。
暗いトンネルの入り口に立っている。

私は、未来を思い描いて、何を始めたら良いのか考えた。
そして、その試みを積み重ねて そこに向かって❤この数年半端ないほど努力した。
未来を見つめて ジャンジャンバリバリ ただただ頑張った。
だけど、
その未来は、道半ばにして無謀にも崩れた。
組織に染まる事は、簡単ではない。
想いの丈を注いだが、柔らかいお尻もほっぺも 今この手に触れることは無い。
小さな子どもたちのそれぞれの成長を喜んだあの時間は貴重だった。
でも今、何も残っていない。

自分の人生と向き合ってみる。
自分は、シンプルに生きていきたい。
なのに
自分が何処に向いているのかイメージを持てない。
せっかちになったり、愚痴を並べたり、何かしらを吐き出したいと思っている。
そんな負の思いは消し去りたい。
嫌だ!嫌だ!シンプルに生きたい!

どんな未来を思い描き、そこに向かって何を始めたらいいのか?
何かしらの試みを積み重ねていく術も 今は思い浮かばない。
だからこそ 始まりに戻ってみようっか!

夫は、組織に依存せずに生きている。
心乱れることなく貴重な時間を自由に生きている。
私は、それを羨ましく思いながら 尊重している。

友は、心乱れながらも組織の中で公平に立っている。凛としたその姿はカッコイイ!
私は、出来ることなら、そんな仲間に包まれたいと思っている。( ˘ ³˘)

私は、どうしたものだろう。
一寸先が見えない。暗いトンネルで孤独になるな!
一寸先が見えない時だからこそ、軌道修正をしなくっちゃ!


 

一寸先が見えない時に、友人Sから誘いを受け、ランチにいきました。
彼女は、公私を見事に使い分け、傍目では淡々と生きています。
半年合わない間に彼女の私的環境は悲喜こもごもでした。
詳細は書けないけれど、私も経験があることなので、ホッとしたのも束の間、慌ただしく、心乱れる時もあっただろうと察しがつきます。
長く組織に携わる聡明な彼女の話を聞いていると うなずけることが沢山あります。
彼女を前にすると 社会に組織に依存することがさほど重要では無いと思い知らされます。いつどんな時もシンプルに生きていきたいと思います。
彼女の言葉を振り返ってみました。
そう、彼女はこんな硬い言葉は使わないけれど、要約すると下記のとおり。
「何が間違いか?何が正しいか?自分の意思は大切にしなければならない。が、人と接するときは、関係ない。職場では自分の思い以上に、目の前の人の喜び悲しみが重要だ!多勢に無勢のときこそ、勢の権力の暴走は許してはならず、まずは、常に少人数の意見をも聞く姿勢を持たなくてはならない。心に余裕を持ち、次に公平に視て、指摘し、是正していかなければならない。」
と。
彼女は、母ちゃん的立場をわきまえていて 公平な人だと思います。

彼女は私との会話で“日々のよしなしごと”を語れるので嬉しいと言ってくれました。
私も好きだなー。これから先もこの友と会える時間を大切にしたいと思います。
そうね~。そうね~。とうなずきながらコーヒーを飲みました。
さー、80㎞離れた長女のもとへ 数日行ってきます。

職を失った今、コロナ事情を気にせず心置き無く行けるわ。

一寸先が見えない時」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ふふふ♬ | ☆まるさんの心日和

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中