同期へ

“子育ては、思いやり”
私はどの子も大好きよ
私が動き出すと泣き出してあと追いするよ
とても愛おしい
どうすれば懐くか?…え?そんなこと考えたことないよ
ただ、気にかけている向き合い方は
◍ ささやくように歌を歌ってあげる
◍ 子どもが発した言葉を反復する
◍ 目を見て、褒めてあげる
◍ 子どもの前で大人同士の話はしない

私は、地域子育て支援拠点施設(子育て応援)のようなところで働いたほうが良かったのかも
私はね
子育てを頑張っているお母さんと向き合いたかったのよ
保育士の資格をとると、そういった方々と、向き合い上手になれるかな〜と思ってね
必要とする言葉を発することが出来たら、少しでも励ましになるかな〜とか思ってね
でも、園で目の当たりにすることは、ちょっと違ってたわ 考えれば考えるほど、そのまんまのお母さんを受け止めてあげることが大事! だと気付いたわ
たとえ勇気づける言葉を選んだとしても 保育士の座学など お母さんのお耳には入らないのよね  無意味なのよ
それと お母さんの気持ちに寄り添うと担任の先生を差し置くことになりかねない この世界もイエスマンでなければならないのよ

色々なお母さんが居るように 保育士も色々ね
子どもとの向き合い方は、いろいろ有るので 一見厳しい先生を攻めるつもりは無いわ
それぞれの先生方の気持ちのまま向き合ったら良いと思います
ただ、保育士は優しさを象徴する人であって欲しいわ

0歳児の指導計画

上の冊子、とっても役立ちました
◍日案、週案、月案と 記録に残る書類の書き方と、発達の表現の勉強になりました
◍子どもの今の姿と子どもの育ちを考えるうえで 子どもと向き合う楽しさが増しました
◍子どもなりの表現を受け止め、本児の要求を見つめてどうしてほしいのか考える余裕ができました
◍子どもの育ちのいろいろな場面を いろいろな角度から見る大切さを教わりました
0歳児の指導計画書を持っていらっしゃらないと聞きましたので…送りますね
もう要らないので、受け取っていただくと嬉しいです

私は、保育補助3年6か月と保育士1年5か月、経験も浅く、たった2園しか知らないけれど、俗に言う“保育士あるある”は、系列の違うどちらの園も、似通っていましたね
“あるある”の一部には、自分を守る 自分が楽になる為のモノがあるようで…? ところが、指導計画書には、そのあるあるをすすめる内容は、何処にも書いて無いのよね!
どんな考えで どんな対応が 最善なのでしょう 心身共に、子どもの真っ直ぐを育んで行きたいものです
保育指針に対応した指導計画書は、そのバイブルだと思います
それでは

同期へ」への2件のフィードバック

  1. こんばんは( ^^)
    情報がいっぱいの昨今です。色んな考えの方々が・・・。何かと難しいですね。でも、”子どもの真っ直ぐを育んで行く”大事だと思います。

    いいね: 1人

    • 時間に追われる中、大勢の子どもたちを見守る力、それは保育力のひとつです。
      私は、その力が足りませんでした。
      例えば、午睡の時間が来たとき、私は子どもを抱き上げて揺らしながら、午前中の楽しかった出来事を話して寝かせます。私が1人抱いているいる間に同僚は、5人寝かしつけます。布団というテリトリーからはみ出さないように言い聞かせながらトントントントンと胸や背中を叩きながら見事に寝かしつけ成功です。
      その違いです。
      私の努力が足りなかったのです。努力をしていましたが、心のうちでは、もっと ゆったりと 子どもが語りたいお話をしみじみと聞いてあげたいと 思っていました。
      保育園は集団生活です。早くからその社会に入らなくても、親子でのんびりリビングで過ごす時間を大切にしたらと、思っているのですから…保育士として失格でしょう。?
      “子どもの真っ直ぐを育んで行く” 子どもの気持ちを大切に育てるのは、親であっても 保育士であっても 良いのですが、果たしてその責任を 親以上に 保育士が持っているかどうかです。
      現実、昼休みをとるのもままならない中、磨きを掛けていかなければならないのは、思いやりですか?保育力ですか?
      と。

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中