重宝したマスク

今年3月、子どもの喜ぶ顔が見たくって色んな柄のマスクを作りました。

園では、離乳食中、モグモグ、カミカミと実演をするのですが…このコロナ禍 マスクをしているので、どこまで理解をしてくれたか?

目元を見るだけで、1対1の関係が築けるかしら?

と不安でしたが、

子どもは順応性抜群です。

今年入園したての0歳児ちゃんは、目のみで人を察する特殊能力を得たことでしょう。

マスクいろいろな柄

アンパンマン・プーさん・ミッキーマウス・イチゴ柄 etc…

とても重宝したマスクです。

仕事中、1時間もたたないうちに、口元は蒸れて大変です。

ところが、私は、口回りのトラブルは一切ございません。

それは

保冷剤を入れて・・・

このように ナイロン製ポシェットの中に保冷材をはさめたマスクを忍ばせて

昼休みを境にチェンジします。

すると、ひんやり…☆” さっぱり…☆”

おそらく、このおかげかと思います。

次に考えられるのは、裏地は おくるみガーゼを使用したことかしら。

おくるみガーゼ

それと、耳にかけるゴムは、いろいろ試して 下のゴム紐を使用しました。

(購入する際、非マスク用と注意書きがありました)

決して、きつく締めないこと! ゆるりと 耳にかかる具合に調節しました。

すると、摩擦が少なくて快適です。

ゴム紐

「まるさん、それイイですね!私にも作って下さい。」

と、おっしゃる声もあり

同僚に作ってさしあげましたが、納得のゆくものを仕上げるまでに何度も仮縫いを致しました。

マスクの大きさや形は、人により好みやサイズが異なるので、大変です。

マスクの製作を生業になさる方々は、何度も試作品を作ったことでしょう。すごいな~~~と思います。

今は、買い物に出る時に この子ども受けのするマスクをしていますが、ちょっと気恥しいです。

イチゴ柄