コーヒー豆

朝夕、涼風が肌を過ぎ、虫の鳴き声が涼し気に聞こえてくる。暑さ寒さも彼岸までとは言うけれど、今年は、彼岸を待たずして心地よくなってきた。ぼちぼち活動的にならねば..と思う。

娘の上司からコーヒー豆を頂いた。
今回も
「豆を煎ました、これはどうですか?」って、と。

煎たばかりのコーヒー豆

娘を介して、私はアメリカンが好きだと聞いた上司は、煎ったばかりの豆をこのように何度も分けてくださる。
封を開けると とても良い香りがする。
不思議と 豆を煎るシュッシュッの音が、私の耳のそばを通った気がする。
棚に仕舞っておいたミルを取り出し、さっそく挽いてみた。
う~ん! 良い香り....。

挽いてみました

幾度も うなずきながら ありがたく頂いた。

コーヒーを淹れました

感謝

お礼をしましょうと言うのに、娘は、イイから、イイからと言う。
どうしたものでしょう。
娘の取り巻く環境は、とても優しい。
廻りに恵まれていると感じる。
感謝を申し上げます。