ドキドキ感

「ばぁば、お絵かきしよう。」

良いよー。

私たち二人は、数分間 無言で描き続けた。

孫(6歳)の描いた絵は、孫の想像する世界だった。

孫の世界

孫の世界

スゴイ!カッコイイよ! 動きが見える。迫力がある。

孫の頭の中は、戦闘が繰り広げられている。

その思っている通りを絵にできるなんて天才!!

孫はニコニコ笑っている。

気持ちイイでしょう。

描いている時のドキドキ感を忘れないで欲しいな。

ばぁばは、見える通りに描くことしかできないんだよ。

桃とぶどう

スズランテープ

絵を描いている時間って居心地がイイ…☆“

老後の楽しみ方をひとつ見つけたような気がした。

仕事をとおして味わう達成感が、今の私のご褒美だけど、

十数年後、毎日を穏やかに暮らしながら、線を描き続けるドキドキ感が、私にはご褒美になるのかもしれない。

昔、静物画をよく描いた。

物をよく見て観察して、見える通りを描いていく。

もっともっと線を足していく。

リンゴひとつを 3時間掛けてデッサンしたことがあった。

仕上げに練り消しで陰と陽を付けたが、クロッキー帳はほぼ真っ黒だった。

ドキドキ感」への4件のフィードバック

  1. こんばんは(^-^)
    『スゴイ!カッコイイよ! 動きが見える。迫力がある。』はーい。確かに・・・(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ 私などはとうの昔、お孫さんの様な能力は置き忘れて来ちゃいました~(‘◇’)ゞ

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中