つーちゃんロス

つーちゃん(11か月の孫)が、帰ってしまった。

滅茶苦茶 静かになった。

私は、日頃使うことの無い食器を食器棚に仕舞っていた。食器の重なる音が響いて、思わず つーちゃんが起きちゃう!と、頭をよぎったりして...。

なぁ~んだ。気遣うことはない。

夫は、リビングに転がり「面白い番組が無い。」と言いながら、壮観なドキュメンタリー番組を見ていた。

TV画像は、大草原に蟻の群れ?と思いきや100万頭を超すヌーの大群だった。

『素敵な景観ね。だけど、見てるだけでいきものの臭いが立ちそうね。私は、年の瀬の買い物の帰りに、とても素敵な景色をこの足で見つけたよ。滝の宮公園の第2展望台入り口知ってる?...』と、話し掛けた。

「その話は、長いんかい。あんたの話は聞きたくない。」と、不機嫌な顔をする夫。

『それは、無いでしょう!!』

家族の衣食住を責任もって淡々とこなせば、私の役目はおしまいですか?

私が何を見て、何を感じ、どう思っているのか、話してはいけないの!!

この年末年始、私の考えを発言したことがあった?

孫とはしゃぎながらニコニコ笑って、ず~~~っと受け身だったでしょう。

このワタシ、人間としてまともな会話をしていないのよ。

と、言いたいけれど 年始早々 場を濁してはいけないので、なお一層 寡黙になって昼食の支度をしていた。

子どもたちは、目覚ましい発達をしていると言うのに、夫と私の関係は、この三十数年ちっとも変っていない。

『一挙に孤独に...むなしく...苦しく...なったわ。』と、精一杯つぶやいた。

そこへ、ウォーターを片手に末娘の登場。

「男と女は、脳の構造が違うのよ。起承転結、話に必ずオチを求める男と、雑多な よもやま話が好きな女。」と、娘が言うと

「それ見ろ!」と、勝ち誇った夫。

「父さん!トラブルを回避して!発展途上も大概にしてや。30年経っても、女を理解していない。女性の話に耳を傾けることを習得するべきよ。お互いを完全に理解し合うことはおよそ不可能だけど、いい加減、敬意と信頼のパートナーシップを築いたら!」と、すかさず娘が言った。

そして私に「全ては、つーちゃんロスよ。」と。

まぁー、素敵♬

母さんは、貴女を頼もしく思うわ♬

彼女は、昨日の我が家の新年会で、

「あけましておめでとうございます。みなさま、お集まり頂いてありがとうございます。今年も素敵な年となりますように!それでは、乾杯!」と、殿の役をさらったのでした。

と言うことは

『老いては子に従え』かな。

 

滝の宮公園第2展望台入り口

新居浜を臨む

木漏れ日