快音



わずか5ヶ月だったが、母子生活支援施設に勤務した。




施設閉鎖に伴い、後半の仕事のひとつは、データ化だった。
戦後まもなくから始まっているこの施設の入所者記録をPDFにおさめた。
朽ちて赤茶けた紙を淡々と複合機に通していると 粉塵で機器が止まった。
文字が自然と目に入ってくる。
その記録は、
事実は小説より奇なりを絵にかいたような人生だ
と、締めくくっていた。

記録文書を読み進めながら悲喜こもごもを想像すると 
その人生は恐ろしいほど波乱万丈だった。
あらすじは、話を盛らなくても大作映画を上回っている。
だが、それを映画化したとしても…
見終わった観客は釈然としないだろう。

努力が実を結ぶことは、ごくまれの事なのか?
記録されたそれぞれの人生に疑念が残るし、腑に落ちない!
その後の人生はどうだったのか?

住む所・子育て・職、それらの目処が立ち退寮していく母子を この施設は数百人送り出した。
退寮すれば片が付いたとは、言い切れない。
その後、社会に馴染めたのか、幸せになれたのか…
悲しいだけじゃない。嬉しいことをいっぱい見つけたのだろうか。

先だっての退寮者の困窮を身近に経験した私は、身につまされるものを感じてしまうのだった。




私達は残された時間、利用者の支援のみならず退寮者の支援を行っていた。

半年前に退寮をした主(Aさん母娘)から、高額な国民健康保険料の払い込み用紙にホトホト困り果てていると相談があった。
主の元へ訪問すると、
障害者年金の給付が止まり、来月どころか明日の生活が危うい状況だった。

私達は、
こんなはずでは無かったーーー!?
自分の身に起こっているかのように切実につらくなった。

何故なら、
主が退寮した折は住む所が決まり、職・子育て・金銭面等、先々の見通しが立っていた。
Mのご好意により故.叔父の遺産を相続し、生活費はもちろんのこと児童が大学を卒業し社会人になるまでの学費をも保証されているはずだった。

Mは、主の故.叔父の行き付けの居酒屋女将である。
主の話を聞くにつけ、Mの裏の顔が見え隠れする。
生活困窮の源は、あきらかに偽善者Mの介入だった。
通帳と印鑑を持ち帰り
「超高額な税金を払っとくから、棚からボタ餅のこの財産は無いものと思い、慎ましく生活しなさい。」
と言い、後見人さながら、主(A母娘)の財産を管理していたのだ。




施設閉鎖まで、あと10日! 
寮長の指揮のもと、早急にA母娘が不安を払拭できる道を考えた。

主と寮長と私の3人でMのもとにお願いにあがった。
主の生活設計の立て直しのご協力を頂くためあくまでも低姿勢で!とのことだった。
「お願い」といえば聞こえは良いが、ここで一勝負!と、乗り込んだのだ。



私たちは以前から、Aさんの意思を顧みることのないMの命令口調や、マウンティングの背景を懸念している。

やはり、
この日もMは、開口一番、自分の優位性を誇示していた。

そのMに Aさんの生活の困り具合を伝えた。
ご尽力を頂いたが、すっかり負の遺産となってしまったことを話した。



Mは、続柄の一番近い人Aさんが相続すべきだという信念で全国を駆け巡り、Aさんの為に相続争いを鎮静化したと興奮気味に話す。
そして、
相続争いの鎮静化に投じた費用は、旅費を含め売却額の8割であったと言う。

その領収書を尋ねると「そんなもの無いわね」と言う。
Mは、思い出す素振りをしながら広告用紙の裏に金額を連ねて走り書きをするが、その金額の根拠は何処にもない。
私達は腑に落ちない。



今後、Aさんの相談窓口は、庁舎の担当課になること、生活が困窮しているので法的に更なる調べがはじまるだろうことを伝えた。

すると、
Mは何故もっと早く頼って来なかったのかと Aさんを責めはじめた。
Aさんの健康と親子の将来を如何に心配しているかということと、自分の苦労話を細やかなリアクションで流暢に長々と語る。
そして、
「よっしゃ!」乗り掛かった舟、相続で発生した旅費は、人助けの旅行をしたと思えば安易なことだと言う。

いっときの高額所得で高額な国民健康保険料の払込み!市は庶民泣かせだ!そんな所に頼るべきではない。と、言葉巧みにAを言いくるめている。しかし、それを早急に払うことで医療費が軽減され、市役所に迷惑を掛けなくても親子で細々と生活ができる。
と、Mは自ら提案し 来週、その保険料全額を用意すると言う。



生活困窮打破作戦は大成功だった。

約束の日より数日早く、念願の国保料全額分を受け取り納付した。
これで当面の生活は緩やかだろう。数ヶ月待てば、障害者年金の給付も再度はじまる。

Aさんの生活がしばらくは頻拍しないだろうことを祝って、車中、3人で万歳をした。

四半世紀一番の見事なヒットだった。
快音が胸に頭に響いた。



おーい!そんな額で納得するんかーーーい!

と、ここまで目を通して下さった方々は 思われるかもしれないが、
これが私たちにできる精一杯のことだった。



私たちは運が良く 私たちの引き際は痛快だった。

.

.

.