トーチ

やっと家の中が片付きました。

3人の孫は、お嫁ちゃん(母親)のお迎えで先ほど帰りました。

昼間、孫を預かっていました。フルタイムで2日続くと、体力的にキツイわーーー。

一緒に遊んだと言うより。孫を見たって感じです。

無事に終わって、安堵しています。

お夕飯を作って・・・

お風呂にお湯を張って、肩までどっぷり浸かろうじゃないの!

.

.

捨てられない物があります。


これ、何だと思いますか?

「お化け?」って尋ねると・・・

違う!!と、一喝されました。


6歳孫作、トーチです。


オリンピック大会の聖火リレーで、ランナーから次のランナーに炎を渡すために使用されるトーチです。

孫の想像力から生まれた、ユニークなデザインです。

まるで青い炎のような形なんだけど・・・

実は、手が伸びるんです。

この手、少し引っ張ると
クルクルクル~~っと伸びるんです。

実に、巧妙に作られています。

手から炎が出てくるので、雨や風など、どんな天候でも、炎が燃え続けるのだそうです。

このトーチの発想、凄いですよね♬

各国のクリエイターも脱帽よーーー!

次期オリンピックに採用されて、この作品が注目を集める時が来ることでしょう。(笑)

ばぉばは、ひとしお感心しました。

「手が伸びるんですよーーー。」

はやく、荷を下ろしたいなーって、思っているだろう…宅配のお兄さんにも 説明する ばぁばです。