終の住処と思っております



父の好物は沢山ありますが、その中でもヤクルトは長期にわたって強い関心を持っている飲み物です。



ヤクルトレディーさんが飲料を届けてくれた日の午後、
母のお伴をして父に会いに行きました。



車椅子に乗った父が、スタッフに付き添われ会議室に入ってきました。



ニコニコ笑っている父に
「だ〜れだ?」
と、母が問うと
「あーーー。」
と、父は、不安そうな顔をしました。
閉じている目の奥では、眼球がクルクル.クルクル.回っていることが見て取れます。
誰なのか真剣に考えています。



「あぅ…ヤクルトの人じゃ。」
と、父がボソッと言いました。



母の小脇にヤクルトが有ることを気付いたようです。



私と母は顔を見合わせて笑いました。
父は、私達を見て失礼の無い答えを言えたことに安堵している様子です。



「私を忘れて、ヤクルトレディーじゃ言よったねー。」
と車中、母が言いました。



最近の母は変わりました。
以前の母ならば
「違います。それくらい覚えてないん。ワ・タ・シ・です!」
と、きつい言葉を発していたでしょう。



母の言葉に堪え兼ねて父は山奥に入った事があります。
結局、一人で帰って来れず、消防団や近隣にご迷惑をお掛けしたのですが…。



母は、丸くなっています。
と、安心していたら…。



施設から電話がありました。
「私共…配慮がいたらずに申し訳ありません。」
と、謝罪でした。



え何?
戸惑う私です。



よくよく話を聞くと、低栄養を疑う、トイレの介助、父の肌着や窓の明るさ、時季外れのシューズの件などの苦情を その後、母がしていたようです。



「母の言い分をサラリと聞き流してください。終の住処と思っております。今後も宜しくお願い致します。」
と、私は、謝罪に伺ったのでした。

.

終の住処と思っております」への4件のフィードバック

  1. (‘-’*)オハヨ♪ございます。
    高齢者施設も少しづつ直接の面会が出来る様になってきてますね。面会できない事が認知症の症状を進めてしまうと言われてるので良い事だと思ってます。
    お母様の優しさが施設の人への言葉になったんだと思うので、これからもまるさんのアフターフォロー大変でしょうが続けてあげてください。

    いいね: 1人

    • おはようございます。
      母の発言は、父への思いやりでしょうねー。
      ①本人は、景色を見るのが好きなのでこの部屋の窓は大きくて良かったと思っているが、駐車場から見ると窓のカーテンがいつも開いている。色白さんなので、シミが増えないように!
      ②日頃から尿意や便意を訴える力が有るので、オムツを頼らず、トイレの介助を頻繁に!行きたい時に行く!人権ですよ。
      ③夏の面談では冬用シューズ、今回はサンダル風介護シューズ。時季外れなシューズは、たまたまか?何か理由があるのか?
      ④こんなに冷え込みが激しくなったのに肌着が半袖!長袖肌着が室内にあるはず!探して!(と、言うが、吸湿性の低いウレタン素材だったのではと、私は思う)
      ⑤頬が緩んで痩せてきた。管理栄養士は、ちゃんと仕事をしているのか?
      など。
      もう、ヒヤヒヤです。

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中