母の希望



玄関先での面会が許可されたので、特別養護老人ホームに入所している父に会いに行きました。



母・私・娘・孫娘(つーちゃん)の4世代がエントランスで待っていました。



車椅子に乗った父が、お人形と一緒に 介護士の付き添いで下りてきました。

.



父は、つーちゃんと初お目見えです。



「つーちゃんに会うと喜ぶわー。」
と、父の喜ぶ顔を楽しみにしていた母の希望はかないませんでした。



「まるちゃんと孫と曾孫のつーちゃんよ。」
と、話しかけますが、
父は不安そうな笑みを浮かべ、お人形を揺らして遊びはじめました。



介護士が
「このように、穏やかにお人形と遊んでいる様子を良くお見受けします。」
と。



母は、あれこれ言葉を変えて父に話し掛けます。



「おじいちゃん✨そのお人形は、まるちゃん(娘)が子供の頃大切にしよったんよね。思い出すねー。じいちやんの考えとること、ばあちゃんは、ちゃんとわかるよー。」



母は、互いに伝えようとしていることが理解できないままでは寂しかったのでしょう。



母が声を掛ければ掛けるほど、私の胸にある父の存在と現実は遠ざかっていきます。



私達は、施設での父の様子を見学することはできましたが、
父と意思の疎通は取れませんでした。



車をそのままにして、すぐ近くの東浜公園で遊びました。



「ばあちゃん!ばぁば!ママ!」
と、つーちゃんの可愛い声が公園内に響きます。



つーちゃんは、母のことをばあちゃんと綺麗に発音します。
私へのばぁばの呼び名とハッキリ使い分けをして話し掛けてくれます。



ブランコ・滑り台・網状のトンネルでドンドン遊ぼうと誘発するつーちゃんに、
母は元気をもらったようです。

.




公園内で10時半、
なんと母の歩数計は4000歩を超えており、
ちなみに私の歩数計は1000歩余りでした。

.



「まるちゃん、この歩数計は、かなりエエわね。楽しみのひとつで励みになるわ。」
と。
日々、歩数計の数値に一喜一憂し元気をお越して生活しているようです。
母は、毎日12000歩〜18000歩の数を叩き出しています。
もはや曾孫と滑り台を滑るのが恐い、
ブランコの揺れに身を任せるのが恐い、
と言う母が、
いったい、どうすればこの数が出せるのか不思議です。



この数値と同じように、努力で…
母の希望が叶うと良いのですが。



網状のトンネルを除くと、ほら♬ 明るい未来が見えますよ🌹

.

.



※ 追貼

.