砥部動物園にて


末娘の運転で5歳の孫娘を連れて、
松山の娘たちと待ち合わせをし、女子組で砥部動物園へ行ってきた。



土曜日の動物園は、ポップな感じだった。
大勢のこじゃれた装いの親子を動物たちが取り巻いている。



毛なみの良い虎は顔を振りながら「ガオ〜〜〜」と、雄叫びを上げて大サービスをしている。
2歳の孫と私は、この小便臭い檻の前で呆然と立ち尽くした。



鼻や尾を振る象3頭の姿は勇ましいし、ペンギンの遊泳もレッサーパンダの仕草も可愛いけれど、虎の鋭い眼光が一番印象深い。



孫は、乗り物をフルコース楽しんだ。
「ばぁば、おかねちょうだい。」
と、小首をかしげながら手を差し出す仕草につられてしまった。



「あー💦、乗ってハンドルを触るだけで満足していたのに💢」
と、平日通い慣れている娘(母親)は、味を占めた孫の様子にため息を付いていた。



いつまでもエア乗車は…ねぇ。
つーちゃん、成長したね~♬



動物に魅入る孫の落ち着いた様子を垣間見たし、
孫同士、園内 手をつないで歩き通したので、大人は楽チンだったし、
上等な一日だった。

.

.