心が笑う仕事って?



仕事、、、コトこと。



Blogに残す意味は無いとも限らない。
と、これまで何度も仕事のアレコレを綴っています。



私がこれまでにも拘ってきたことですが、
自分の心が笑う仕事って?



今回思うことは…。



同じ会社でも、部署が変わるだけで人間関係や労働環境は全く違う場合がありますねー。



「ちょっと行ってみて。」
と上司に言われて、2日ほど(正確には1日と半日)1Fの業務をしましたが、快適な空間では有りませんでした。



1日目は、その週に締めなければならない仕事を手伝いました。
帰り際、「この仕事、どう思った?」と、指導をして下さった彼女に聞かれたので、
正解が1つしかないクリーンな仕事ですね。事務員は金を生まないと言われがちですが、ここは実益を表現する肝心な花形だと思います。ただ、没頭するあまりコミュニケーションを取らずに孤独な時間を過ごしていました。手応えのある仕事なので、心が一人ぼっちに、ならないように努力が必要ですね(笑)
と、正直に答えました。
「そうなんです。でも、どうにもならないこともあるんです。」
と、うなずく彼女でした。



2日目は、ひと月の流れと書類の一つ一つの意味と独特なソフトの操作を教わりました。
まるで引き継ぎのよう…と、つぶやくと
「新たな職が決まりましたので6月末で退職します。後任者が決まるまで、おおよそ2ヶ月。8月辺りまでこの仕事をしませんか?」
と、彼女は言います。
素敵なお誘いと思う反面、また、ツナギ〜!それはもうお腹イッパイです。お断りします。
と、答えたのでした。





それだけでは無いのです。
私は、斜め向かいの寡黙な上司の言動がますます、気になっています。
時折 強気な口調で他者の失敗を注意しています。
「あなたは、1が3なんですね。私はこれを3と判断する人の頭を理解できません。3と言う人と仕事は出来ません。」
と。
自分に何を教えようとしているのか、その気付きが最も早くその場で反省をしている職員に対しても手厳しい態度です。



その上司が溜め息をつき席を立ったとき、
あれは、冗談ですか?日頃思いやりを感じるのでしたら堪えることができますが…
「正気に捉えると疲れますよ。冗談と思いたいですね。」
と、彼女。



それは指導という名の非難だと感じました。
非難された時に素直に反省する人は、本当に素晴らしい人だと思います。
非難をする人は、相手が反省しても当たり前だと思っているのでしょう。
なので、反省している人に目を向けることはありません。
指導している者が、反省している姿に目を向け、なかなか素直な人だと思えたなら、その指導者も素晴らしい人なんだと思います。
そこに拘っているアラウンド還暦の私は、お互いに歩み寄る姿勢というのは大事だと思いますが、自らこの環境に身を置くのが億劫になりました。



私は3Fの上司に返事をしました。
狭い空間で、胸が苦しくなりました。
私は、7/1㈮で派遣切れですね。



私は、最後とさせていだきます。とは、言えませんでした。
未練タラタラ…。半年、精一杯励んだ3Fの仕事に心残りが有りますもの。



派遣で得た今の仕事は、もうすぐ終わりを迎えます。
バックヤードで良いのです。それもショートタイムで良いのです。
と、(おそらく願望に満ちた目で)上司に伝えたことがありますが、
「この業務は、人を増やすことが出来ません。」
と、一蹴でした。



数ヶ月とはいえ、仕事が目の前にぶら下がっていたのに贅沢なことをしました。
ですが、
引き継ぎ者が不在のなか、どうすれば間違いのない仕事ができるのか、どうすればトラブルを回避できるのかと、自省で乗り切ることは難しいと考えました。



かつてのように、目に見えない相手の意図する思いやりを汲みながら、自分の言動や対応を反省しつつ、心がワクワクするように切り替えるパワーは、もはや私の中に有りません。



今の私は、たくさんの思いやりや細かい優しさが見えないと 心が笑えません。

.

おにぎりのテイクアウト



以前私が勤めていたお店の跡に、今春、おにぎり屋さんが開店したと娘から聞いていたので、病院の帰りに立ち寄ってみました。



車は、大通りから川沿いに入って建物の裏に停めました。そこは勝手知ったる職員通用口に通じる小さな駐車場です。



小雨が降ってきたので小走りで大通りに出て正面玄関を目指して歩道橋の袂に立つと・・・
おにぎり型の女の子と店名の“ひっこりー”の頭文字Hが目に飛びこんできました。
そのドアのイラストが可愛いですね。

.



店内に入ると、広いフロントです。大理石風の廊下に面を合わせて木目の床が広がっています。
以前のまんま!期待を裏切らない空間です。



ココにピアノが展示してあって…
あの奥に防音室があって…
私はこの位置に座って日々の経費を入力しながら いつ来るとも知れないお客様を待って…
と、思いが込み上げてきました。
周りの目を気にしている余裕もないほど、胸がいっぱいいっぱいになり、ニコニコ.ニコニコ.してしまいました。



カウンターに並ぶおにぎりに、なお、ほっこりしちゃいます。



私は、タラコと煮込みゴボウのおにぎりとコロッケを持ち帰りました。

.



あっ、美味しぃ☘



テイクアウト珍しいでしょう。
この美味しさに、尚、安らぐ私でした♡

.





珍しく朝からふらつきを感じていました。
このまま仕事を続けることが無理と察っするほど、くるくる立ちくらみがひどくなり、とうとう私の頭も狂ったのかしらと不安になったので、席を立ち脳外を受診しました。
即、MRI等の検査をしてくれましたが、脳に異常は有りませんでした。
安心しました。
考えてみれば、頭痛や手足のしびれは無く、口調もしっかりしていますよ。

原因は耳でした。
耳鼻科からもらった最後の薬を2日前に飲みきっていました。
耳を悪くして1年、投薬のおかげでめまい等の症状が緩やかだったようです。

今後、ふらつきと上手に付き合っていかなくっちゃ!

.

つながる



私は、頭を上下に振ったり重たいものを持ってはいけないと、半年前に診断されましたが、



もうすっかり割り切って、前と同じ日常を取り戻しつつあります。



母の呼び掛けもあり、孫を誘い20分ほど車で走って実家の畑へ行きました。



ナス、きゅうり、キャベツ・・・



「ばぁば待ちよってよ。ボクがとるけん!」



孫の頭がキラキラ光っています。



手ぬぐいで押さえてあげようとするのですが、



孫はそれにかまわず、私がウロウロしないように、なお先回りをして、



汗をポタポタ落しながら収穫しています。

.



今日の孫との時間は、今夜の食卓を満たすため・・・



でも、それっぽっちじゃなくて



自分のお腹を満たすことは大切だけど



もっと大事な…何かにつながる時間になれば良いなー♥



孫の経験が、私の行動が、
素敵な未来につながるかもしれないって想像するとワクワクします。




三本足のペルちゃんと戯れる孫です。

.

.

.

どんな話し方をするか



私の耳は、聴こえ方に異常があって、拾う音がポップ音です。



例えば、水田に滴る雨の音。
風情のある雨音だったはずなのに、戸棚をバタンバタンと激しく開け締めする雑音に聞こえます。



先日の市吹の演奏会の曲目は、どれも優美な空間を想像するものでしたが、
チャンチャンチャーン
チャッチャッチャッチャーン
と、どの演奏もリオのカーニバルか?と思うような音にしか聞こえませんでした。
オーケストラや吹奏楽団の演奏を聴くことが唯一の趣味ですが、その趣味さえも諦めなければならなくなりました。



今日は、紹介状とCD-Rを携えて大学病院へ行ってきました。



理路整然と話す医師の説明は、ちゃーんと私に届きました。
「どんな話をするか」ではなく、「どんな話し方をするか」が、聞き手の理解の良し悪しを決めると、改めて感じました。
真っ直ぐ見つめてにこやかに話す、その話し方を さっそく明日の職場で活用しようと思いました。

.



付き添ってくれた次女をねぎらい、
病院の南口にあるCafe Rest marsで昼食を摂りました。



腑に落ちたよ。 
ココの診断は1回ポッキリ。通院する必要が無くて安心ね。
もう薬は飲まなくて良いんだー。
と、可愛い雑貨と書棚に詰まったマンガ本を眺めながら娘に話しました。

.



今日のBlogは、その診断内容を書き記します。

  • 「昨年5月に始まった右耳の難聴は、外傷性リンパ漏であったと言えますが、12月からの左耳の難聴は、明らかに突発性難聴です。」
  • 「今となっては、ウイルス感染が原因か、脳梗塞の耳バージョン的な道理なのか、それは解りませんが、何らかの理由で、耳の内耳に炎症を起こし血管が詰まり血流が遮断され、有毛細胞が壊れている状態です。一度壊れると再生しません。聴力が固定されて回復が見込めません。」
  • 「何故なったのか?とか、治す手段は?とかを今後考えず、聞こえない自分を受容して、個性として捉えて社会に適応していくことが課題です。」
  • 「今の自分のままで社会に貢献したり活躍することは、自分次第で充分に可能性があります。その視点に早く立つことをお勧めします。日常生活や仕事上の不都合を軽減させるために自分の“聞こえ”がどんな状態なのかを他者に伝える力が必要です。」
  • 「IPS 細胞を元にした内耳作製や治療について臨床試験や研究が進んでいます。10年後が楽しみです。巷で長年患った難聴が回復したとあなたの耳に届いたらどうぞご連絡下さい。」





・・・はい!

.

ぽわんぽわんするよ



さあ!週末です。



この数日で段ボールがどんどん増えています。



段ボールは、孫達にとって格好の的!



ところが、孫が遊びに来てくれません。



私の体調を気にかけてくれているようです。

.



なんだかシンドイなーー。。。
と感じていました。



「薬が切れるころ来てくださいね」
と、言われたとおり今日も泌尿器科へ行ってきました。
膀胱炎、続いて3回目の受診です。



なんと
窓口で、37.0度と判明!



微熱があったのね⁄(⁄ ⁄•⁄-⁄•⁄ ⁄)⁄



投薬の抗生物質も変わり3種類目です。
免疫力の低下を恐れ漢方薬も出ました。



昨年5月の耳の不調辺りから、どんどん薬が増えています。



ヤーだな〜。



なんだか頭がぽわんぽわんするよ。



寝てばかりも居れない、胸がザワザワするよ。

.