『めがね』を観た



『めがね』2007年に公開の映画をようやく観ることができた。



波の音が心地よく、不思議な時間が流れている。
大人は全員おしゃれなめがねをかけて海を眺めて黄昏れている。

気取らず、語らず、周りの目も気にせず、
皆、静かに自分の世界に入っているように観える。

義務を全て果たしきった人たちのお話のようなーーー。

穏やかな気持ちになるどころか…
私には、心もとない時間をゆるゆると過ごす不思議な世界に映る。



「めがね」の象徴するものって、先入観や偏見、欲望なのかもしれない。
ココは、生きていくうえで染み付いてしまったものを捨てて渡る賽の河原か?

以前に視聴を試みるも…
観ながらそのまま深い眠りに入りそうになった。
この世界観は何なんだ?
と、Huluの視聴中の欄に何年も棚上げしていた。

「迷わずここに来れたから、ここに居る才能がある。」
と、宿の主人が言っていたが
私もようやく機が熟したのか?(笑)



大事なのは焦らないこと
焦らなければ、そのうちきっと。
そのうちきっと成仏できるとでも? 
開眼するとでも言うの? 

ことに
海の向こうはどんな世界なのか?
黄昏れ上手になれた時、幸せになれると言うのだろうか。

子ども達も一緒に踊る愛嬌と脱力感のあるメルシー体操。
これが踊れたらこの向こうに渡れるとでも言うのだろうか。



テンポが良くてピンと背筋が伸びる映画が好きな私が、
首を傾げながら一人きりの静かな時間にこの映画を見終わった。

.

『めがね』を観た」への6件のフィードバック

  1. こんばんは(^^)
    映画のプロにはうける難しそうな映画ですね。単純明快な映画の方が私には向いてると思ってます。何たら・・映画祭で賞撮った映画何本見ましたが感動した事がありません(笑)娯楽は単純な方が良いですよ。

    いいね: 1人

    • こんばんは。◕‿◕。
      それが…単純に観賞すれば単純な内容なんですよ。生活臭のしない極楽浄土を目指す入口のような緩やかな世界観です。三途の川の橋渡し役のサクラさんとユージさん、そして、その取り巻きが 言いたいことを言うコメディにも感じます。
      いつだったかabendさんがブログ内で紹介なさってて、それがきっかけで観はじめて十年越しで見終わりました。(笑)
      前にも書いたことがあるのですが、私は『コクリコ坂から』のような背筋のピンとする快活なリズムが大好きです。そのリズムに相反して随分 浮世離れしたテンポなので、疎遠だっただけです。
      意外とHamaさんのほうが悟りが早かったりして!!と、思います。

      いいね: 1人

    • ありがとうございます。だいぶ楽になりました。
      ですが、今朝拭き掃除を試みたのですが、ものの3分でギブアップでした。
      検査で陰性がでたら…調子が上がって来るんだろうなぁー♫

      いいね: 1人

    • こんにちは。◕‿◕。
      いつもありがとうございます。Keloさんご夫婦のお言葉で助かっていること多々あります。
      私の存在を知って下さっていることも嬉しいです。
      ますます、豊かになるように励みますよー。
      働けるのであれば、まだまだ働いていたいし、止まるよりも動くことで自分がワクワクすることの方が多いから🌹。

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中