出会いにワクワクするような…



2歳の孫は、お友達のバッグが仕上がる様子をずっと見ていました。



そこで、つーちゃんのお気に入りの“わたしのワンピース柄”で手提げバッグを作りました。



つーちゃんは、この3ヶ月間で一時預かりを もう既に3回利用しています。



2時間ほどを2回経験し、いずれも後ろ髪引かれるママをよそにして、
笑顔でお手振りをし別れたあとも終始落ち着いて遊んでいたそうです。



「みんなと給食を食べてみますか?」のお誘いで、
3回目はお昼過ぎまで利用しました。
自分でしっかり完食したそうです。



今は、環境に慣れることで手一杯かもしれないけれど、
遊んで食べて真似っ子をして、新しい出会いにワクワクする子に育ってほしいです。

.

マチ付です。
お着替えがたくさん入ります。

.

小さな屋台



夏祭りっていくつになってもワクワクしますよね。



たくさん並ぶ屋台で食べ歩きをしたり、ゲームや遊びを楽しんだり。



子どもたちに、そんなひと夏の経験を…。



そこで、このコロナ禍ゆえ、おうちで夏まつり“縁日ごっこ”をしました。



小さな夏祭りの屋台の中で、最も人気だったのは、“まとあて”でした。



次に“ヨーヨー釣り”、続いて“スーパーボールすくい”でした。



あそび券が無くなれば、変顔もしくは特技の披露で再度あそび券をゲットできるシステムです。



子どもたちの変顔に大人たちは談笑し癒やされながら、炭火の海鮮焼きに舌鼓を打ちました。

.

.