パンチの効いた日々



産前産後休業の正規社員の業務をお預かりして3ヶ月が経ちました。この代替業務は まだ1年続く予定です。



これまでの仕事やキャリアを提示するだけで、ここに導かれました。



今日は、手作りのパソコン台を備えた後、机上のカレンダーを11月に差し替えました。
カレンダーにひと月の流れを考えながら主な作業を一つひとつ抑えて書き込みました。



ここは、1人1台のパソコンが整備されています。
行き着くところは決算!全てはその為に私はこのパソコンに向かって日々の収支を入力しています。



答えはひとつ!それを導き出すために先月は20時間余りの残業になっていました。



チャットはメールより頻度が高く、質疑応答やささやかな社員間のコミュを行っています。



新しい出会いから友達が増えたり、新しい仕事にも随分慣れてきました。



1年もするとこの職から離れる身なので、深く関わることは無いと思いつつも精一杯尽くしています。頑張ると言うより、尽くしている…が近い心境です。



大切なのは、自分が楽しむことや情熱を注ぐ理由を見つけることだと思っていますので、自ずとそのような意識になったようです。



決められた環境の中に居ますが、決して窮屈ではありません。



朝会、部会が適宜開かれ、働く者同士の接点が沢山あります。
感心するのは、何度もコンプライアンス勉強会が設けられ徹底されていることです。



私は、仕事の失敗より人との摩擦が1番怖いことを知っています。
私は適確な仕事をしつつ自由に自分を表現して、私と関わる社員に穏やかな時間と迅速な流れを 心の中でお約束しています。(それは不言不語です。笑)



1日を振り返りそういった時間を過ごせたとき、独り善がりかもしれないけれど格別に私は幸せになります。



「メリハリがある」と同じような意味で、「パンチの効いた〜」という表現があります。
それは、私が銀行員の頃に1980年代によく使われていた和製英語的な表現ですが、今の仕事への情熱や家庭とのバランスもそんな感じかな♡♡♡と思います。



パンチの効いた日々✨それに近いな〜って思います。

.

.