自分への戒めとして



腑に落ちない、思い通りにならない、
そんな相手を変える方法は?
それは、有りません。
自分が変わるしかありません。



人は概ね、穏やかな人の話は好きでしょう。
牙をむく人の話は、関与したくありませんよね。
そして、否定されることが前提にあれば、そっぽを向きたくなります。



たとえ現実を変えたくても、
人の悪い所を注意して否定したら、人は反発するだけで、反省をすることはないでしょう。



人を責めても、我慢して耐えても、思い通りにならない現実は変わらず続いてゆきます。



否定するよりも、寄り添ってあげることで、結果的に相手が反省することができるのではないでしょうか。
相手の行動を否定しないで責めることなく、その人が何を言いたいのか、最後まで聞いてあげる姿勢が大切です。



話していると、
現状の生活環境や生い立ちなど情状酌量が見えてくると思いますよ。



責めない姿を感じたら相手も自ずと変わるのではないでしょうか。



そう云う私も、あらゆるものと葛藤しながら、幸せの感度を高めています。



このメッセージ、気付いて欲しい人の心に届きません。
軽くなるどころか苦しめていることを感じます。
ふっ✨と 気付く人のもとへ幸せが届きますように。



向き合う人の祝福を祈り求めて…
と、言うよりも
結局は、
自分自身への戒めとして、あれこれメッセージを書いてしまいました。

.

我を解き放つ



私には、向き合う人の苦しみや不平不満の感度は分かりません。
ただ、分かっていることは…。



自分を許せないことを含めて 不平不満や苦しみの世界を念じている人は、自暴自棄に陥り苦しみの世界となってゆくという事です。



このままでは思い通りにならない現実とぶつかり続けることになります。



「~したほうがよい!」といった執着や自分が作り出す不安や苦しみを解き放ちましょう。



解き放つことで、心も身体も軽くなります。



幸せな時間を過ごすことに意識を向けてゆけたらと思います。



自分がどんなことを考えているか紐解けば、これからどんな運命となるのかも分かると言います。



つまり、
自分の人生を変えることができるのです。
目の前に現れる現実を良き方向へ導く事も夢ではないのです。



苦しむことは無いのですよ。自分を追い込む必要も無いのですよ。

.



実はね。そう言っている私が「~したほうがよい!」という自縛に はまることがあります。
人の言葉に一喜一憂して拘る私は何者なの?



「なるようになるさ」と、自我にとらわれることなく やり過ごせると良いのにね。
「人は人、気に留め無いこと」と、自分に言い聞かすと良いのにね。



向き合う人の祝福を祈って…
と、言うよりも
結局は、
自分自身への戒めとして、メッセージを書いているのです。

.

.

心の満たし方



人は、自分の想い一つで幸せになります。



まず、
自分の現状を楽しんで生活することです。
自分がどんなことが好きで、どんなことを大事にしているかということを確認しましょう。



そして、
つぶやきます。何はともあれ…
嬉しいな。楽しいな。豊かだな。幸せだな。もっと良くなる。きっと良くなる。
と、念じます。



すると、
言葉の力は絶対です。
どなた様も自分を満たせるようになるのではないかと思います。



自分を許せないことを含めて苦しみの世界を念じている人は、何をやっても苦しみの世界となってゆきます。



良い環境を生み出す念じ方、それが有ると知ったら、即 実行です。



嬉しくて
楽しくて
豊かで
幸せで
生活はどんどん良くなります。
と、心を満たしていきましょう。

.

自分の環境を生む源は?





お幸せになってほしくて、心が軽くなる方法をお伝えしたいと、心が逸るのですが、
それこそ自分軸だと気付き その術を逃してしまう…そんな事が時折あります。



幸せを願う思いが…すぅ~と消えてしまわないうちに綴ります。
子どもを諭すような心持ちなので、誠に失礼を承知の上で書きました。



Whoa!



天罰が下ることを祈るのはお勧めできませんねー。
私は祝福を祈る生き方をしたいなーと思いますし求めます。その生き方をお勧め致します。



何故なら、
責めていると…孤独になってしまいますよ。良からぬことを念じていると…暗い人相になってしまいますよ。



心でどんなことを念じるか、その念によって自分の環境を生み出しています。
なので、幸せな世界を念じている人は自分のまわりの環境が幸せになってゆきます。
家庭生活も世界も自分の想い一つで幸せになると、私は信じています。



では、心のおさめ方は?
変える方法は?



つづきは、食事の後で………

.