ちっちゃいサツマイモ



お気付きかなと思うのですけど
わたし、体力が続かず アルバイトを辞めました。
職歴上、最短の職となってしまいました。
ほとほと困っていた けたたましい咳き込みですが、その二日後には、止まっていました。
ちゃっかりしたものです。



決めたことが長く続けられない自分にちょっぴり愛想をつかしながら、
夫に残高試算表の提出を求められたので
今(家業の帳簿付け)会計ソフトの入力をしています。
することがいっぱいあることに感謝しています。
数年前まで全てが回っていたのに、私のジャンジャンバリバリは何処へ行ったーーー。



さっそく、孫と一緒に自家用車で15分程の実家へ行きました。
イノシシよけのサークルの中にワッサワッサとサツマイモの弦と葉・・・
その予定でしたが、手入れが行き届かず荒れた土で育つ葉は貧弱です。



今年5月、停車中に事故に合う入院事情があったので、
サツマイモの苗を植え付けたものの手を掛けていませんでした。



孫がひとくわ振り下ろし、元気の無いわずかばかりの葉を引っ張ると、コロンコロンとサツマイモが顔を出しました。



ちっちゃい!!



楽しみにしていた孫たち、がっかりさせてごめんなさいね☘



孫は、そんなことなど気に留めていない様子でトンボを追いかけていました。
池に落っこちはしないかとハラハラしましたよ。

.

.

不穏



朝、
農道に椅子がチョコンと。
なんとも微笑ましい風景です。
稲刈りの段取りをしているようです。
のどかな町なんですよ。



なのに、上空をヘリコプターがもう40分以上旋回しています。
昨夜は、いつになく家の前を散歩する人が多くいました。
夕刻から寝静まる刻まで固定電話や家族の携帯電話が頻繁に鳴っていました。
祭り並の騒がしさです。
この畑の向こうは不穏です。



全国では新型コロナウイルス感染の波が落ち着いてきたと言うのに、新居浜市ではまだ感染状況の改善がみられないとして、感染回避行動の徹底を呼びかけています。



観客の安全確保は難しく、8月10日の太鼓祭り推進委員会では、今年の新居浜太鼓祭りは、かきくらべ等のイベントは開催しないことが決まり、どちらの太鼓台も組み立てないことを次々決めました。
前年に引き続き、祭り好きの市民の興奮は申し合わせたようにこの数ヶ月で鎮静しているかのようでした。



胸の高鳴りがこんな騒動に変わったのかと…。
黄色い規制テープの向こうの惨事、残念で残念でなりません。

.

懐かしいぽぽちゃん



末娘が遊んだ「ぽぽちゃん」です。
普段は開けることの無い押入れを片付けていると
出てきました。
20年余り 眠っていました。



80km離れた松山の長女のもとへ、末娘がドライブスルー的に久しぶりに食材等を届ける予定があったので
「遊んでくれるかな?」と、LINEを入れてみると
孫が怖がって後ずさりをしたとか…。



画像の写りが悪かったのかしら?
衣類を洗って、着せ替えてみました。
でも、今は要らないと言うことでした。



末娘が、言います。
「ぽぽちゃんが大好きで、たくさん遊んだことを今でも思い出すのに、何故、遊ばなくなったのか思い出せないわー。」
と。



そう言えば
毎日、出かける時も お風呂も 寝る時も娘と一緒でした。
なので、現在のお人形の頭はチリヂリです。(笑)



長女がシルバニアシリーズにぞっこんだった頃、
末娘は、ぽぽちゃん♬



母としては、
自分より小さなお人形のお世話をしたり可愛がったり、
着せ替えやままごとをして遊ぶ娘たちの姿は、微笑ましいものでした。



子どもが人形遊びを楽しむのは、長い人生の中で少しの時間なのかもしれません。
娘の母性や優しい心を育むパートナーとなってくれたお人形たちです。



ベッドコーナーを設けなくっちゃ!
寝かせてあげてると、帰省した折に遊んでくれるかな?

.



【追記】
ぽぽちゃんは、娘が3歳のお誕生日にやってきました。
お顔がうちの娘にそっくりなので一目で愛着がわきました。
娘が抱くとナイスなサイズ感だったことを覚えています。
諸々を思い出し、私も抱きしめてみました。
横に抱くと目を閉じます。
右側のぽぽちゃんは、娘と一緒にお風呂に入りました。
左側のぽぽちゃんは、とにかくやわらかいお肌をしています。
25年経った今でも気持ちの良い肌ざわりです。
やわらかいお肌なのでほっぺの触り心地も抱き心地も抜群です。
娘はさぞ穏やかな心持ちになったことでしょう。
着せ替えてみました。
その時、チラッ♬
なんと
小さなおっぱいやおへそがプチッとありました。
愛おしいーーー❤



皆さんのおうちのお人形さんは、今、どんなお姿ですか?

.

いっちょ頑張るかー!

ハローワークの窓口で、私のやりたい事は見事に砕け散り、
家計に潤いを求めて、
折り合いを付けながらようやく辿り着いた職は、アルバイトです。

お野菜を小袋に詰める仕事をしています。
得心をしていたはずでした。
年金が支給される年齢まで頑張るつもりでした。

ところが、
傍目には衛生的ですが、
環境が私には合わなくて、激しい咳込みが連日続いています。

段ボール箱を逆さまにしてジャガイモ、タマネギを台の上にひっくり返し、決められた個数や重量を小袋に詰めて閉じていきます。
皆の汗と笑顔を頼りにしながら、内容は造作もない仕事です。
棒になった足を引き摺り帰り支度をしていると鏡に映る自分は、白い砂埃を被っています。

あー、体調を崩しちゃって…
これが、私のしたかった仕事?
収入を得るために、頑張り通す?
これで良いのかなー

って、そんな思いが日々つのっています。

.

わたくしアラカン! 58歳。
今回、職を得るのが大変でした。

求人情報は、表立って年齢は不問でしたが、ハローワークの窓口で年齢制限が有ることを知らされ、いくつも断念しました。

やっと得た仕事です。
どうしたもんでしょうねー。

.

そんな時、Blogを訪問していて、
スキルアップの為に、次へ次へと進んでおられる方々をお見受けしました。

よ〜し、私もいっちょ頑張るかー!
って気になっちゃう。
有り難い存在ですよね。

😘

かぼす



かぼすをいただきました。



我が家の食卓では、欠かせない食材です。
もはや、私の体は柑橘類で作られています。(笑)



かぼすよりも小ぶりのすだちを畑から穫ってきました。
比べてみました。
ね。



「どちらも似たようなもの」と思っていたのです…
確かにどちらかひとつあれば代用がきくのですが…
見た目以上に味わいが違います。
どちらも独特の香りと酸味を持ち合わせています。



飲み物に搾ったり、料理に添えたり、それぞれの酸味と香りを楽しんでいます。

.