恩返し



16年に亘る過去記事を読み直し、数々の出会いを思い起こしました。
荒削りな文章は恥ずかしいけれど、素直な気持ちが綴ってありました。



四股ふんでドスコイさながら…体当りしてくる子供たちと向き合う日々を書いています。



初期、幸福のアイテムを探しに夜な夜なネットサーフィンをしていた事も触れていました。
どこを探してもお手本となるものは なかなか存在しないと、つぶやいています。
人それぞれ 「 幸福を感じる力 」 は違いますから・・・。
置かれている環境や立場、条件などの違いもありますからね。
単に晴れて良かったと思うか、雨のほうが良かったと思うのか、各人各様ですしね〜。



これまでにもBlogの理由や目的を何度となく触れてきましたが、実は書いていない理由が重要です。
日常においても負の感情をサラリと?書いていますが、それよりも深い真実…記事にならない現実が、実は一番深刻だったりするのです。



私は、傍目には穏やかであっても些細なことで心のバランスが崩れやすい人でした。
負の考えが占めると、エネルギーに溢れている家族をも巻き込み 陰の状態に転じてしまいます。
夫の優しさや親の愛を求め続けて、それが敵わないとなると…爆発的な負の考えを持ってしまいます。



伏せてきた事実ですが、
かつて子育て中、誰にも助けを求められずに生きる気力を無くした私は、見ず知らずの方が声を掛けてくださったお陰で何とか負から正へと転ずる事ができ、今を生きていると言うことです。
一家心中でもしそうな雰囲気だったのでしょう。
「笑顔の向こう側に涙が溢れていることを誰も気付いてくれないのね。」と言う初老婦人の親切な眼差しを 今でも忘れることはありません。
魔が差すことがある…と、それを知るだけで済んだ私は自分を家族を消さずにすみました。
今ようやく そこにふれる余裕が持てました。



生きていく上で、「 幸福を感じる力 」 は、非常に大切な事だと思います。
ただ実践有るのみ!



こんな気持ちを教えてくれたことへの恩返しを込めて、
そこで、幸せの感度を高める為に、与えられた世界で私なりの“心の満たし方”を実践して幸せを綴ろうと一念発起することになり、このBlogが始まったのです。



このBlogの目的は幸せを遺すこと!
心のバランスを整えながら、まさしく絵に描いたような幸せを実現しているのですから着眼点と実行力は素晴らしいと思います。
自画自賛です。(笑)



追々、Blogの中はいろいろな立場の大人が集い、1人じゃないと思えました。
いろいろな話を聞くことで心強くもなりました。
思いを吐き出すことで心にゆとりが生まれ、新たな情報が入ることも知りました。



皆様、幸せの感度を高めましょう。



昔の記事が懐かしく、私はその粗末な文面が好きです。ですが、手を加えるならまだしも、ほんの一瞬の迷いで削除してしまわないとも限りません。
しばらく、ネットから離れて生活をします。



出会う人と共に、ぼんやりと歩きながら、幸せの時間を過ごして行こうと思います。

.

自分の環境を生む源は?





お幸せになってほしくて、心が軽くなる方法をお伝えしたいと、心が逸るのですが、
それこそ自分軸だと気付き その術を逃してしまう…そんな事が時折あります。



幸せを願う思いが…すぅ~と消えてしまわないうちに綴ります。
子どもを諭すような心持ちなので、誠に失礼を承知の上で書きました。



Whoa!



天罰が下ることを祈るのはお勧めできませんねー。
私は祝福を祈る生き方をしたいなーと思いますし求めます。その生き方をお勧め致します。



何故なら、
責めていると…孤独になってしまいますよ。良からぬことを念じていると…暗い人相になってしまいますよ。



心でどんなことを念じるか、その念によって自分の環境を生み出しています。
なので、幸せな世界を念じている人は自分のまわりの環境が幸せになってゆきます。
家庭生活も世界も自分の想い一つで幸せになると、私は信じています。



では、心のおさめ方は?
変える方法は?



つづきは、食事の後で………

.

きっと喜ぶわ♫



長女親子が、娘(孫)の午睡中の運転で帰省します。



朝、布団を干していると茶色いカマキリを見つけました。



つーちゃん(2歳半)が来たときもソコにいるかな〜?



ずっとそこに居てね。



つーちゃんは最近、生き物に感心を持っています。きっと、喜ぶわ♫



知らせてるから…出迎えてあげてね♫



その頃私は、仕事中よ。

.

幸せを掴んで!



終業が20時を超す残業が3日続きましたが、月次処理が終わってようやく落ち着きました。



笑えないくらい忙しかったけれど、幸せの感度は上々です。



祭りが近いので、近辺だんだん騒がしくなっています。



昨日は、お嫁ちゃんに頼まれ孫の祭り着を3人分補正しました。



お返しは不要だと言うのに、お嫁ちゃんがスタバの新作を買ってきてくれました。



パンプキンの味と香りのスイーツと クリーミーな風味のラテでした。



大変、あもぉ〜♫✨♬✨ございました。



画は有りません。
紙袋でご容赦ください。

.



自治会の班長さんが、祭りの運行表と腕章と日本手拭いを持ってきてくれました。



今日は、誰がおねだりした訳でもないのに、大人のモノとそっくり真似た子ども用腕章を作りました。



達筆な長女が帰省したら、役職と其々の孫の名を筆で書いてもらおうと思います。



7歳の孫ボーイは、役職を
「『青空球拾い係』と書いて!」
と、言っています。素敵なネーミングですが、父親と要相談です。 

.



私にとって大切なのは、なんでもないこんな日常です。



あの世に持っていくことが出来ないからこそ、大切な瞬間を沢山置いていこうと思っています。



孫や子どもに思い付く限り楽しい日々を過ごして欲しいと思っています。



私にとって大切なことは、努力の結果ではありません。評価や名誉でもありません。なんでもない日常が全てです。



日々思い描くことが姿や形に現れる その工程を楽しんでいます。



一つ一つの時間が、自分の手の中に有ります。



そして、眩しいほど笑ってくれる子どもたちの明日へと繋がっています。



子どもたちに、ココにある幸せを掴んで欲しいと思います。

.