いっちょ頑張るかー!

ハローワークの窓口で、私のやりたい事は見事に砕け散り、
家計に潤いを求めて、
折り合いを付けながらようやく辿り着いた職は、アルバイトです。

お野菜を小袋に詰める仕事をしています。
得心をしていたはずでした。
年金が支給される年齢まで頑張るつもりでした。

ところが、
傍目には衛生的ですが、
環境が私には合わなくて、激しい咳込みが連日続いています。

段ボール箱を逆さまにしてジャガイモ、タマネギを台の上にひっくり返し、決められた個数や重量を小袋に詰めて閉じていきます。
皆の汗と笑顔を頼りにしながら、内容は造作もない仕事です。
棒になった足を引き摺り帰り支度をしていると鏡に映る自分は、白い砂埃を被っています。

あー、体調を崩しちゃって…
これが、私のしたかった仕事?
収入を得るために、頑張り通す?
これで良いのかなー

って、そんな思いが日々つのっています。

.

わたくしアラカン! 58歳。
今回、職を得るのが大変でした。

求人情報は、表立って年齢は不問でしたが、ハローワークの窓口で年齢制限が有ることを知らされ、いくつも断念しました。

やっと得た仕事です。
どうしたもんでしょうねー。

.

そんな時、Blogを訪問していて、
スキルアップの為に、次へ次へと進んでおられる方々をお見受けしました。

よ〜し、私もいっちょ頑張るかー!
って気になっちゃう。
有り難い存在ですよね。

😘

雨あがり

あくまでも主観です(笑)



運が強いって、私のことでしょう!!

アラカンの私が、アルバイトですが職を得ました。
面接試験真っ最中に採用通知を頂き、10日からの出勤です。

これまでにも
職が変わる時って、目に見えぬものを含め…
家族の負担が往々にしてありました。

今回は、4ヶ月のんびりしましたからね。
家庭事情が変わりませんように、
良き方向へ流れますように….☆”

.

あなたとこうして めぐり会えた事が 私の一番の財産なんです。

と、胸に秘め☘

頑張ります。

.

雨あがりの 虹を見つけた日

事実をどう捉えるか


朝から土砂降りで、夫は仕事が休みです。
私は、いなびかりを時折感じながら これみよがしに珍しく床磨きをしていました。
手ぬぐいで手を押さえながら
コーヒー飲むぅ?♡
と、誘って いっぷくです。


ふと、Blogの下書きが目にとまりました。
母子生活支援施設に勤めていた頃のものです。
なんとも真剣な私です。

建設的な解答はできないけれど 聴くことはできます。 カウンセリングや傾聴をしていて「聴くことは待つことです」と、上司がおっしゃっていました。 「言葉を誘導したり、言葉を迎えに行くことは してはいけません。言葉を迎えにゆくことは、聴くことではありません。最悪のかたちになります。」とも。 自分の元へ来る人を迎えます。そして、相手が次の言葉が出やすいように相槌を打ちます。 この時、「来る人を単に迎えるのではなく、来る人を迎える為に、自らが来る人の元へ行くのです。」 と言うことは、懐に入って、聴き 共感し 受容するということです。 まだ実践は足りませんが、そのところは、なんとなくわかるのです。 その後が肝心なのでしょう。 上司の言葉を繰り返してつぶやいてみます。 “「言葉を迎えに行く」という行為は、最悪!” うぅーむ? この場合 ただただ聴いて 相手の言葉を待つ。 相手の感情を引き出す。 相手の事実を捉える力をアップさせる。 全て、相手が自分で考える! というニュアンスなのかな? 難しいけれど、知りたい!わかりたい!会得したい!


土砂降りだから、直ぐそこに夫がいて
「また、パソコンかい!」と、嫌味を言われ、
後ろめたさを感じるから、さも仕事をしているかのようにファイルを開き、
眠っていた駄文に気付いたのでした。
こんな天気だからこそ、懐かしくなり、表に出す気になれたのかな?

自分が真摯に取り組んでいた残像を垣間見てBlogを投稿しました。
向き合う人の心の機微を受けとめていた自分が居たなんて…

土砂降りをどう捉えるか‥‥
なんとなく幸せ♥

私は、健康です。
事実をどう捉えて、自分の人生の糧にしていくか
ちゃんと考えながら生きています。
人生が好転しています。
自分を取り巻く環境に乾杯です。
心身ともに健康であることに感謝です!


夫、そろそろ出掛けないかな?
紫陽花の花アップしたいんだけどなー♬
どうかな?

生活発表会


断捨離をしているのですが、
捨てられな〜い!!
収納BOXから出てきた
これと これ



下の写真は、保護者の笑いをイッキに取った“子どもまつり”の前座のひとコマです。


先生方が、ゲゲゲの鬼太郎のキャラクターに扮しています。

私は、鬼太郎とねずみ男とネコ娘の衣装を担当しました。
ねずみ男の衣装は、このキャラクターに扮した先生が、殊の外気に入って持ち帰りました。

頑張った証だったり 思い出だったり・・・

捨てられないわー🥺



保育園の生活発表会では、
歌や手遊び、劇や楽器演奏、絵画や工作の展示などが行われます。

保護者は、いつの時代もお子さまの成長する姿を楽しみにしていることでしょう。
また保育園側としても生活発表会を通して、日々成長している子どもたちの姿を、保護者に見せてさしあげたいと考えています。保育士は、上記を踏まえてどんな出し物をしようか?と、色々な策を練っています。

毎日の園生活で練習を重ね、成長がドンドン目に見える歌や劇、演奏は担任の手腕の見せ所です。
特に劇は、子どもの意思を尊重して、役柄が日々チェンジしたり、子どもの成長や人柄をみてセリフが変わったり、子どもたちはそれを受け止めながら遊び感覚で楽しく練習をしています。

「お母さんやお父さんが見に来てくれる♡」と、子どもたちがとても楽しみにしているイベントでありながら、当日、実力を発揮できないお子さまも見受けます。
そんな時、
保育園で過ごすお子さまの様子は、もっともっと輝かしいモノなんですよ。
と、保護者にたっぷり言い訳をしたくなります。



そんな行事の制作準備から達成感までの断片をこのBlogに残し、
ようやくBOXを空っぽにすることが出来ました。