ちっちゃいサツマイモ



お気付きかなと思うのですけど
わたし、体力が続かず アルバイトを辞めました。
職歴上、最短の職となってしまいました。
ほとほと困っていた けたたましい咳き込みですが、その二日後には、止まっていました。
ちゃっかりしたものです。



決めたことが長く続けられない自分にちょっぴり愛想をつかしながら、
夫に残高試算表の提出を求められたので
今(家業の帳簿付け)会計ソフトの入力をしています。
することがいっぱいあることに感謝しています。
数年前まで全てが回っていたのに、私のジャンジャンバリバリは何処へ行ったーーー。



さっそく、孫と一緒に自家用車で15分程の実家へ行きました。
イノシシよけのサークルの中にワッサワッサとサツマイモの弦と葉・・・
その予定でしたが、手入れが行き届かず荒れた土で育つ葉は貧弱です。



今年5月、停車中に事故に合う入院事情があったので、
サツマイモの苗を植え付けたものの手を掛けていませんでした。



孫がひとくわ振り下ろし、元気の無いわずかばかりの葉を引っ張ると、コロンコロンとサツマイモが顔を出しました。



ちっちゃい!!



楽しみにしていた孫たち、がっかりさせてごめんなさいね☘



孫は、そんなことなど気に留めていない様子でトンボを追いかけていました。
池に落っこちはしないかとハラハラしましたよ。

.

.

ぎょうざ


彼岸の入りです。



祝日も仕事に励む夫が帰ってきました。
やっと暑い夏を越したかなーと、思っていたら
今日は特に暑かったらしく、
作業中は何だか本能で動いている感じで、思考が停止していたとか…。



お疲れ様です。



その少し前に帰宅していた娘が
「父さん! ぎょうざよーーー!! 一杯、飲もや!!!」



そうなんです。今夜は、ぎょうざですよ。



「母さん、ありがとう。」
と、娘が何度も言ってくれます。
日々、食事を作っても このように言葉で感謝されることは珍しいのです。



恥ずかしながら、娘の言葉を借りると
“絶品ぎょうざ”
“古き良き時代のオカンが作る レトロなぎょうざ”
だそうです。


なので、足元も軽やか 自ら楽しく台所に行き着くわけです。



私は浮かれて、出来上がりの画を撮ることもなく、和やかな父と子の姿を見守りつつ、
次々とぎょうざを作り続けました。



ほめられたい欲望は果てしなくデカイ、オカンです。(笑)



どうぞ召し上がれ☘

.

.

※ 追画  ご希望に応えて♡(笑)

大惨事免れた!


とにかく無事で良かった。



夫が乗っているトラック(ディーゼル車)が、仕事へ向かう早朝、高速道路のトンネル内で止まってしまった。
大惨事になりかねない状況だったところ、道路公団や警察の誘導で、夫は無事に帰ってきた。
車は、70㎞の牽引で最寄りの自動車販売店に戻ってきた。
その車体は、いつもの手が行き届いた綺麗な姿だった。


13年前に新車で購入し、日々洗車は怠らず、もちろん車検は毎年行い、その折に修繕を重ね、夫はその車を大切にしていた。
原因はエンジン不調。修理不可能とのこと。
エンジンのリングが折れてどうのこうのと説明が聞こえた。
たった13年で、廃車だなんて‥‥
そんなものなのかなー。


引取費用、レンタカー費用(2週間)は、任意保険のロードサービス費用で賄えるらしい。
夫は、直ちに次のトラックを決めるとのこと。


私は、5月の残高試算表と手持ち工事一覧表を作成しなければなりませぬな。
購入する車が決まれば、見積書が出る。その時点で銀行へ連絡をしよう。

危機管理持っているのかな?


新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。
その中で、梅雨に入り これから自然災害が日本列島を容赦なく襲ってくる可能性があります。
感染回避行動のさらなる徹底と災害対策を練らなければ!



夫は、自分の思い通りにならないと・・・

追い込む様な口調で 揚げ足を取ったり
意地悪な口調で さげすんだり
気だるそうに 意地悪を言います。
夫のそんな心無い言葉に ときおり振り回されてきました。

“言わぬが花” “負けるが勝ち” と言うけれど、相手に勝ちをゆずって無理に争わないのが結局、円満な家庭をもたらすものと 私は思ってきました。

概ね 「はい!」 と、応じていますが、
返答に困ったときや 私に言い返す気力が無いときは 
夫を無視したくなり
少し間を空けてしまいます。


すると
「ハン!おこっとんかい?的を得たことをつかれると オマエは、そうやって黙るんじゃのぉー。」
と、夫は 声を荒らげ なお不機嫌になります。



大規模な自然災害や人害に備え危機管理を発足させて、そのような災害に対応できるような家庭づくりを!
さて、家庭内の危機管理課を結成!
皆で力を合わせましょう。
私も率先してそのような家庭づくりの担い手になりたいと思います。

なのに 実態は
私にはその知恵や能力がありません。
困ったものです。
外の件では、笑顔で しかもパワー全開で頑張れるのですが…
夫と向き合うとなると
距離を置きたくなります。


夫は、私に甘えていて 語彙が少なく 想像力が乏しいのでしょう。
人を谷底に落とさんばかりの言動は謹んで欲しいのです。




ワタクシ、作夜は、少々違う対応をしました。
「あなたがそう思っているうちは、この環境は悪化するでしょう。本当のことを言われたから おこっとんじゃないんよ。真実だと感じることは、いつも頷いているでしょう。私は、心無い言葉に折れとんです!





夫笑顔ワクチンや 夫緩和治療薬ができるまでは、洪水、土砂崩れ、地震等の自然災害と感染症の重複したリスクとともに 同時に夫の対応もしなければなりません。

ストレス発散の方法がわからなくなりそうです。
散歩に出ました。 
花を見ました。
堤防に立ちました。
神社に詣りました。

本来は、風情ある蛙の合唱が 
とんでもない音に聞こえます。
ドタンバタン!
と、戸棚が規則正しく開いたり閉まったりしている音のようです。

西野カナちゃんのCDを掛けました。
いつもなら私はノリノリ♬ 絶好調になるのですが
カナちゃんまでもが どうやら音痴になったようです。
いえいえ
私が、不調だったのです。




実は
13日.買い物に出た先で、交通事故に合いました。

駐車場満車状態にて前方10数メートル先の駐車スペースから車が出て来るので 直進していた私は車を止めて待っていました。

ところが
私の車の運転席ドアに 直ぐ右横に止めていた車がバックでドンとぶつかってきました。

そして
思いもかけない所からの不意打ちで、体が揺れる揺れる。
胸がキュンと苦しくなって耳がポン!
私の不調は、それが原因かしら?

さらに
ワタクシ、本日、入院致しました。


夫よ!
「現に生じている問題」にどう対応するのでしょう。

ベッドの上にて

風を受けて

今日の風 けっこう 強いね

昔のブログを見ていると・・・
こんな投稿をしていたよ

きのうの風・・・

2006/9/19のこと

🌹

窓からは 心地良い風が入ってきて 朝食が まもなく終わろうとする頃

「きのうの風 めちゃ すごかったやんかぁ 俺 あん時 早朝練習終わって トンボしよったんでよ!」

「きのうの風 めちゃすごかったやん こちびねぇ 河川敷で 2000m走りよったんよ!追い風やら 向い風やらで しんどかったわ!」

と ちびと こちびが どちらが 昨日の風の影響を受けていたのか 競うように話していた

実に双子の会話は面白い

それぞれ 言いたい事を言っているのに お互い大変だったと 一つの会話で理解し合っている

この会話に入りたくなるのは 私だけではない様だ

「昨日の風 めちゃ凄かったやんか こころねぇ 試合が決定したけん 陸上競技場でテント張りよったんよ!しんどかったわ!」

と こちびのまねをしながら 長女が言う

そこですぐさま 長男が

「昨日のかぁ~ぜぇ めちゃすごかったやんかぁ~ ワシ 折角気持ちよぉ~寝よったのにぃ 網戸を通り越してきた風 もろに受けたんでよぉ!今じゃ鼻がジュルジュルよ!」

と みんなの会話を茶化すように入ってきた

入る隙をようやく見つけた私が

「昨日の風 めちゃ凄かったやん 母さん あん時 洗濯物を干す場所を 家中グルグル回って探しよったんよ! 今じゃ室内 洗濯物のオンパレードよ!」

私は こんな朝のこんな会話が たまらなく だぁ~い好き♪

ちらっと 夫を見るけれど

新聞に目を通しながら 「茶!」 と 言うだけ

「昨日の風 凄かったのぉ 水防の為 分団詰め所に夜間待機はたまらんかったぞ! 深夜やっとの帰宅で 疲れ果て 気になりながらも寝よったぞ!」

と 言えばいいのに・・・

そうすれば みんなが父親を見て

「お父さんが一番凄い!!」と うなずくのに😳😘🤗