小さい大根?

20分ほど車に揺られ里へ行き、孫たちと大根を抜いてきました。
誰が一番大きい大根を抜くかなー?
「ボクが!」「ワタシよ!」「ボ・ク・よ!」
と、孫たちは血気盛んです。
皆、ボッコン ボッコン と、威勢よく抜いています。
そんな最中、3歳のボクは、ドン!と、派手に尻もちをつきました。手には、かぶらを持っています。
何よりも艶やかな葉っぱを見つけて「これが一番大きい大根!」と、思ったようです。
それを渾身の力で引っこ抜いて、当てが外れたのでした。
その尻もちに笑いの渦です。
それだけでも十分可愛いのに またまた笑いを誘う行動に...。
一番小さい大根を抜いたと思った彼は、その一本(かぶら)を 土に戻そうとしているのです。
「それは、蕪。」「カブよ。」「かぶら。」と、銘々の声が山や谷に響き渡りました。
騒がしく、楽しい一日でした。

一番大きい大根は...

大きいのは...

抜いたー...☆”

大きい大根!

大根は実に日本人の食生活に溶け込んでいる野菜だと思います。
しらすと大根おろしの相性は抜群!
顔がちぎれそうなくらい寒い日のおでんの大根は格別!
昆布煮大根を作っておけば、
その大根と豚バラ肉を汁気がなくなるまで炒めて青ネギを散らす...これも最高!
ブリと炊き合わせにした煮付けも最高!
大根の梅おかか和え、大根のパリパリ食感は、お箸が止まらない!
大根のジアスターゼの効果は、やはりすごい!胃腸に優しく働いてくれます。
今日の収穫、天の恵みを大切にしましょうね。

孫のマスク完成!

小さいマスク

3密せん!けん

『コロナ回避行動』 と 『3密せん!けん

このけんは、このあたり(東予)の方言かと思っていたら、愛媛県内に通用するんですね。

“えひめコロナお知らせ....”のポスターを見ていて 改めてビックリ!

ポスター

マスク、うがい、検温、手洗い、行く先々での手指消毒、念入りに行ないましょう!!

以前のマスク なかなかの好評だったので またまた 作りました。

マスク

喜びの舞い

飛び跳ねながら腕を上下に波打たせ、妙な踊りをしているところを孫に見られました。

「何しよん?」

『お着替え中よ。待っててね。ばぁば、今から化けるから。』

ホントは、喜びの舞いよ❤

.....

ワニのお母さん♬ ワニのお母さん♬ お口を開けてー、パカッ♬

お化粧をパタパタ♬ お化粧パタパタ♬ 泳いでいます~♬

........

『お待たせ~!どう?』

と、顔を向けると

「コーヒョウカ! グッドボタン! いいねオヤユビ!」

と、孫娘♬

そうよ そうよ。励まし上手♬ ほめ上手♬

お待たせ! 公園へ行こうね。

長男からLINEが届いた。

「おめでとう!聞いたよ。仕事決まったって!エエ誕生日プレゼントじゃね!」

『ありがとう。マスクやっと作ったよ。待たせたね。』

マスク作ったよ。待たせたね。

励ましと誘惑

WordPressがこんな励ましをくださった日に❤

励まし

Fbではこんな誘惑が目に入り....

カー〇ス

ネットでポチッと....

無料体験 行ってきました。

そこで頂いたマスクが、ひんやり快適! 柔らかな肌触り!

そこで、

接触冷感の生地を買ってきてマスクを作ってみました。

ふふふ 試作一回目♬

今から 女性30分の体操教室行ってきます。

接触冷感素材のマスク

この手の励ましと誘惑には弱いのよね~

☆    ☆

重宝したマスク

今年3月、子どもの喜ぶ顔が見たくって色んな柄のマスクを作りました。

園では、離乳食中、モグモグ、カミカミと実演をするのですが…このコロナ禍 マスクをしているので、どこまで理解をしてくれたか?

目元を見るだけで、1対1の関係が築けるかしら?

と不安でしたが、

子どもは順応性抜群です。

今年入園したての0歳児ちゃんは、目のみで人を察する特殊能力を得たことでしょう。

マスクいろいろな柄

アンパンマン・プーさん・ミッキーマウス・イチゴ柄 etc…

とても重宝したマスクです。

仕事中、1時間もたたないうちに、口元は蒸れて大変です。

ところが、私は、口回りのトラブルは一切ございません。

それは

保冷剤を入れて・・・

このように ナイロン製ポシェットの中に保冷材をはさめたマスクを忍ばせて

昼休みを境にチェンジします。

すると、ひんやり…☆” さっぱり…☆”

おそらく、このおかげかと思います。

次に考えられるのは、裏地は おくるみガーゼを使用したことかしら。

おくるみガーゼ

それと、耳にかけるゴムは、いろいろ試して 下のゴム紐を使用しました。

(購入する際、非マスク用と注意書きがありました)

決して、きつく締めないこと! ゆるりと 耳にかかる具合に調節しました。

すると、摩擦が少なくて快適です。

ゴム紐

「まるさん、それイイですね!私にも作って下さい。」

と、おっしゃる声もあり

同僚に作ってさしあげましたが、納得のゆくものを仕上げるまでに何度も仮縫いを致しました。

マスクの大きさや形は、人により好みやサイズが異なるので、大変です。

マスクの製作を生業になさる方々は、何度も試作品を作ったことでしょう。すごいな~~~と思います。

今は、買い物に出る時に この子ども受けのするマスクをしていますが、ちょっと気恥しいです。

イチゴ柄