コロナに罹患して

コロナに罹患しました。

(5/27㈮、私は濃厚接触者となりました。
家族からの連絡で 即 職場を早退してPCR検査を受け陰性でした。
夕刻からわずかな喉の痛みがあったので、もしや?と思い、念の為保健所へ連絡をすると休日PCR検査をしてくれる医療機関を紹介してくれました。
翌朝、PCR検査の結果は陽性でした。)

自宅療養中は、比較的軽症でした。

保健所から届いたパルスオキシメーター(血液中の酸素飽和度をはかる機器)を指に挟んで、その数値と体温を毎朝 測りました。

十日間、平熱でしたが、
その間、
・咳が激しく出ること
・耳の閉鎖感が増していると感じること
・放尿した後も尿の残量感があると感じること
・身体の軟らかい部位に地図のような湿疹がボッコボッコと数時間現れたり消えたりすること
などの症状がありました。

保健所からの電話でそのいずれを報告しても
「そうですか、お大事に。また明日。」と。

しかし、

療養3日目のこと、
身体を横に寝かすと余計に咳き込みが激しくなり、ようやく上半身を起こすなどして楽な姿勢を考えついた時、
保健所からの電話に誘導されてパルスオキシメーターを測るとその数値がなんと93でした。

「深呼吸をして!指先をマッサージして!」
と、電話の先はリラックスを強調し流暢ながらも動揺を隠せない深刻な声でした。
再度測り直し95を告げるとようやく安心した様子でした。 

6/6㈪保健所から解除の連絡が入り、職場の規定通り病院へ出向き抗原検査をして陰性を確認しました。

.

6/7㈫職場復帰をしましたが、体調は不調でした。

10日㈮、薬を塗っても効果は無く、かゆみを伴う赤い膨らみが出たり消えたりするので、今日こそは受診しよう!と決めました。

職務中ようやく皮膚科を受診をすると
「この蕁麻疹は、感染症に伴って発症することが多いです。この他、体に変わったことは?」
と、聞いてくれて・・・
はたと気付いたのです。

このところ、残尿感があること、回数が増えたこと、かすかな痛みがあることを!
かゆみに気を取られ忘れていました。

11日㈯、泌尿器科を受診すると膀胱炎になっていました。

尿検査では、処方薬ではおぼつかないほど出血が激しいとのことで点滴を受けました。

まだ私の血液中でコロナウイルスが増殖しているのかしら?
と、訊ねると。
医師は首を傾げます。

今、思うの〜。
耳の閉鎖感が増していると感じますし、週明けは、耳鼻科を受診しようと!
耳も炎症を起こしているのかもしれません。

この1年、多くの医師と面談し受診と処方薬の繰り返しをしています。

異常よね。
快調とは、言えませんね〜。

.

私は、3回ワクチン接種をしています。

職場の接種に対する圧力を感じましたし、打たない場合、いろいろと不都合が生じることは明らかでした。

その社会に反旗を翻すほど、打たないことにこだわりがあったわけでもないので接種しました。

そのワクチン接種のお陰で、重症化を抑えることができたのではないでしょうか。

しかし、

昨年からの耳の不調はワクチン接種のせい?
と、思っちゃうんですよねー。

ココに、ワクチン接種で体調の不調を感じる人が居るのですから。

ワクチンを打たない人の意思は尊重します。
そして、打たない人がいることの方が社会としては健全だとも思うのです。

ワクチンによって重症化を抑えることができているようにも感じますが、
感染のリスクを抑制できているかは疑問です。

.

病なし。これ全て迷いなり。と言っている人から電話がありました。

「先祖供養が大切です!!」
と、おっしゃっていました。

私は何処へ行くのやら。

.

ワクチン接種⑤ 38度を超す熱



接種券が届いた時は、受けなくて済むのなら…と。
そう思っていました。
個人的には、予防接種に対して消極的です〜。
社内、ほぼ強制的に接種の環境下なので
私、受けません!
なんて言えなかったわ。



4月20日、3回目の新型コロナワクチン(ファイザー製)を接種しました。



翌日から、咳と痰、そして、悪寒がしていました。
なんとか仕事はこなしたものの 
その夜は、蕁麻疹と胸の重さと息苦しさを含めた倦怠感がありました。
ここまでは、前回と同じ副反応の症状でした。



22日、朝から言いようのない体調不良でした。
家のローカに続く洗面所は少しの段差が有りますが、その段差を越せずに座り込んでしまう状態でした。
ココを越さなければ用が足せないのなら、そのご用など忘れよう.我慢をしよう.とも思ったのです。



還暦を祝う歳まで生きてきて心の不調は何度も気分転換をして乗り越えてきたけれど、
健康状態はーーー。どうにもならないわ。
あ~~、お初ね。
これをコンディションが良くないって言うのねー💦
と、つぶやきながら出社しました。



いつもと同じタイミングで職員入り口で課長にご挨拶をして、毎度軽快に階段を上っていく私が、
「今日はご一緒させてください。」
と、いつもと違う形相でエレベーターに乗り込んだものだから、
課長は始終気にかけて下さって、有り難いやら面倒やら・・・。
「今朝の体温は?あー、平熱だったの。検温しておいで。」
と。 
やっとの思いでココまでやってきたのにまた1階へ?と、内心思いつつ(思考回路がおかしくなっていたのね)
重要な仕事を慎重に済ませて
「お言葉に甘えて正面玄関に行ってきます。」
と、行ってみれば、なんと。なんと。
38度2分の熱があるではありませんかーーー😳😥😱
一時間で早退させていただきました。



23日、まだ、湿疹はありますが動きは軽くなりました。
ようやく快方に向かっています。



今回、良い経験ができましたわ。
この具合の悪さを覚えておくことにしましょう。
いつも軽快に家族の要望に応えてしまうので、今後、たまには仮病を使うことも良い手だと気付きました。

.

ワクチン接種④ ふ・し・ぎ・です。


8月10日、2回目新型コロナワクチン(ファイザー製)を接種し、
8月18日から悩まされていた症状は、痰、蕁麻疹、重い胸と息苦しさ、
8月25日以降ようやく快方に向かっています。



私の“かかりつけ医”は、
「その症状で悩まれている方、結構いらっしゃいますよ。痰や蕁麻疹はワクチンの副反応であると充分に考えられます。」
と言いました。
蕁麻疹だけなら重大な副反応とは されていないのですが、“胸が重くて息苦しい。横になると酸素不足的な感じに時折なる。” 先生はその症状を心配して下さり、呼吸機能検査をしました。
数値的には“著しい肺機能障害なし”でしたが、吐く時間が短く、その力が弱まっていました。

「原因が、T細胞と免疫細胞が反応することにより起こる炎症だとすれば、もうまもなく落ち着きますよ。」
と、言ってくださいました。



医師の「結構いらっしゃいますよ。」の言葉で治ったような気がするのです。
その感覚、
ふ・し・ぎ・です❤

.

ワクチン接種③ 少々まいっています



「ばぁば、チッチ。チッチ。」
と、1歳6ヶ月の孫が 濡れ縁に出て小鳥の飛ぶ様子を見たいとねだります。
「ないない。」
と、恐竜のフィギュアをガン見しながら避けて歩きます。
床に落ちている小さなゴミをつまんだり、玉ねぎの皮をむいでゴミ箱に入れてくれます。
冷蔵庫の前に立っている私に、エコバッグから食材を出して「はい!」と、次々手渡してくれます。
その姿ひとつひとつが とても愛らしく、健康に育っていることを嬉しく思います。


長女は孫と一緒に一週間前から帰省しています。
このコロナ禍、新生児期からほぼワンオペ育児で大変だった事でしょう。
娘は、何が大切か よく分かっています。離乳食はあの手この手と策を講じて完了し食の太い子に育てています。子どもの変化にも良く気付き、目を離さずよく見ています。
娘には、一緒にいる人を幸せにする力があります。要望通りに動くのではなく、つなぐ言葉で心を掛けています。
とても大切な感覚を身につけていることを私は誇らしく思います。

だから、私は今、一緒にいる時間が大切なのです。
何でもしてあげたいと思います。



ところが、
「母さん、シンドイの?」
と、次女が聞いてきました。
私は、掃除、洗濯、食事のことを滞りなく淡々と頑張っていますが、何処か不具合があるのかしら?何か感じるのでしょうか?
「母さんを責めよんじゃないんよ。疲れとんかなーと思って…声がいつもより低いから」
と、続いて言ってきました。
大丈夫よー。楽しいよー。
楽をすれば、殊の外 欲に流れるでしょう。
私…次々と欲を満たすことを考えていて怖いのよ。ふふふ♬



ここだけの話…
全身、湿疹が出来ています。
5日経っても消えません。
以前経験した症状に比べ、今回の痒みはあまり無い方なので、耐えられます。


新型コロナワクチン、ファイザー製を接種しました。
因果関係は無いのでしょうけど、
ついつい副反応?と、疑ってしまいます。


8月10日:接種2回目から1週間後に下記の症状が…
・倦怠感(8/18〜8/22時々:胸が重く息苦しい、横になると酸素不足的な感じ)
・蕁麻疹(8/20〜 )

.


恥ずかしながら、このような湿疹。。。蕁麻疹でしょうか?
薬に頼りたくないので
各症状が治まるのを気長く待っていますが、
今週あたり医師に相談に行こうかな。

ワクチン接種② 戸惑い


今更ですが、8月17日までの心情と症状を追記します。


新型コロナワクチン、ファイザー製を接種しました。
因果関係は無いのでしょうけど、
ついつい副反応?と、疑ってしまいます。


7月20日:接種1回目から数日後の症状
・注射痕の赤い腫れとただれ(7/22)
・喉の痛み(7/24〜)
・痰(7/27少々、8/4〜8/7黄色やグレーのゴロンとした痰を夜通し排出、その後も痰少々あり)
・目の充血(8/3)
・目ヤニ(8/3〜)
・足元がしっかりせずふらつく
・咳込み(8/7〜8/12)

それらが落ち着いてきた頃に、2回目接種です。

.

接種1回目に副反応が有ると“2回目接種をどうしようか?”と、悩んでいる方はいらっしゃると思います。



2回目の接種について
「熱が38度を超えた」「寝ているときに寒気がした」「倦怠感がひどかった」などの症状で、1回目よりも副反応が大変だったという声を聞きます。
調べれば調べるほど
周りの人の話を聞けば聞くほど
ちょっと不安が増していました。



私は、罹患した場合のことを考えました。自分の身に起こることや周囲への影響などを想像して接種を決断しました。副反応は怖いけれど、それを上回るメリットが多いと理解しました。大切な人を守るためにも、ワクチンを打つことは、必要です。接種をしていると15分の1の感染とも聞きます。



8月10日コロナワクチン接種2回目当日、私は、体調を崩していました。熱は無いのですが、激しい咳と痰にほとほと困っていました。
ちょっとした拍子や 痰を出そうとする反応で咳払いをした時に咳き込んでしまいます。
ブヒ!ゴホヒッヒッ…
と。
不安ですが、何度も水分補給をし2回目行ってきました。



問診では、過激な咳込みの症状があっても接種可能とのことでした。
それでも不安は不安です。
でも、まぁ 自らを鼓舞し。
えいや!
と。



2回目の接種を済ませて1週間が経ちました。
副反応はありません。
咳と痰の症状は、少々あリますが普通に生活しています。



今、外出するのは、非常に危険です。悪い事象が起きることを恐れます。
ですが、抗体のお陰で最悪な常態にならないだろうことを ほんの少し念頭に置いてほんの少し安心しています。

そのほんの少しが、大きな拠り所です。


※追記
ところが・・・
その後、胸が重くて苦しくて、未だ経験したことの無い倦怠感がおそってきたのでしたーーー。

.