いっちょ頑張るかー!

ハローワークの窓口で、私のやりたい事は見事に砕け散り、
家計に潤いを求めて、
折り合いを付けながらようやく辿り着いた職は、アルバイトです。

お野菜を小袋に詰める仕事をしています。
得心をしていたはずでした。
年金が支給される年齢まで頑張るつもりでした。

ところが、
傍目には衛生的ですが、
環境が私には合わなくて、激しい咳込みが連日続いています。

段ボール箱を逆さまにしてジャガイモ、タマネギを台の上にひっくり返し、決められた個数や重量を小袋に詰めて閉じていきます。
皆の汗と笑顔を頼りにしながら、内容は造作もない仕事です。
棒になった足を引き摺り帰り支度をしていると鏡に映る自分は、白い砂埃を被っています。

あー、体調を崩しちゃって…
これが、私のしたかった仕事?
収入を得るために、頑張り通す?
これで良いのかなー

って、そんな思いが日々つのっています。

.

わたくしアラカン! 58歳。
今回、職を得るのが大変でした。

求人情報は、表立って年齢は不問でしたが、ハローワークの窓口で年齢制限が有ることを知らされ、いくつも断念しました。

やっと得た仕事です。
どうしたもんでしょうねー。

.

そんな時、Blogを訪問していて、
スキルアップの為に、次へ次へと進んでおられる方々をお見受けしました。

よ〜し、私もいっちょ頑張るかー!
って気になっちゃう。
有り難い存在ですよね。

😘

雨あがり

あくまでも主観です(笑)



運が強いって、私のことでしょう!!

アラカンの私が、アルバイトですが職を得ました。
面接試験真っ最中に採用通知を頂き、10日からの出勤です。

これまでにも
職が変わる時って、目に見えぬものを含め…
家族の負担が往々にしてありました。

今回は、4ヶ月のんびりしましたからね。
家庭事情が変わりませんように、
良き方向へ流れますように….☆”

.

あなたとこうして めぐり会えた事が 私の一番の財産なんです。

と、胸に秘め☘

頑張ります。

.

雨あがりの 虹を見つけた日

あったまるかな?

人の人生を知ると
自分のことのように重くなります。

支援は奥が深くて…まだまだなれない職場です。

ただ、年齢を重ねて、自分がどうすれば居心地がいいのか、だんだんわかってきたような気がします。

先のことをあまり思い煩わずに、淡々と向き合えたら どんなに楽でしょう。私の知恵や知識では 解決できないことに直面し過ぎです。話をしながら 相手が求めることに焦点を置く。その会話術を実践で学ばせてもらっています。

寮長が指揮を取って下さるおかげで、毎日を穏やかに暮らしながら、そこでいただける仕事や、仕事をとおして味わうことのできるドキドキ感が、わたしにとってはご褒美みたいなものになっています。

ちょっぴり疲れて固まってしまった世界をほんの少しだけでも、ほぐせたら。そんな思いで働いています。

空いた時間に職場ののれん風目隠しを作りました。

目隠し暖簾

リボンを付けてみました

先日は、デスクを囲った中央にあるティッシュボックスに カバーを作りました。

殺風景だったところが、ちょっと温まった感じがします。

カバー①

カバー②

数日前は、脚立の上段に立ち 老木に片腕を絡めて 片腕で手ノコを引き その大木を伐採しました。

首や腕が ガッチガチです。

ちょっぴり無理をしてでも 居心地が良くなるのならと 思っています。

今日は、伐採した枝を 細かく切り 処分しました。

廃棄

一寸先が見えない時

職を無くしたー。
一寸先が見えない。
暗いトンネルの入り口に立っている。

私は、未来を思い描いて、何を始めたら良いのか考えた。
そして、その試みを積み重ねて そこに向かって❤この数年半端ないほど努力した。
未来を見つめて ジャンジャンバリバリ ただただ頑張った。
だけど、
その未来は、道半ばにして無謀にも崩れた。
組織に染まる事は、簡単ではない。
想いの丈を注いだが、柔らかいお尻もほっぺも 今この手に触れることは無い。
小さな子どもたちのそれぞれの成長を喜んだあの時間は貴重だった。
でも今、何も残っていない。

自分の人生と向き合ってみる。
自分は、シンプルに生きていきたい。
なのに
自分が何処に向いているのかイメージを持てない。
せっかちになったり、愚痴を並べたり、何かしらを吐き出したいと思っている。
そんな負の思いは消し去りたい。
嫌だ!嫌だ!シンプルに生きたい!

どんな未来を思い描き、そこに向かって何を始めたらいいのか?
何かしらの試みを積み重ねていく術も 今は思い浮かばない。
だからこそ 始まりに戻ってみようっか!

夫は、組織に依存せずに生きている。
心乱れることなく貴重な時間を自由に生きている。
私は、それを羨ましく思いながら 尊重している。

友は、心乱れながらも組織の中で公平に立っている。凛としたその姿はカッコイイ!
私は、出来ることなら、そんな仲間に包まれたいと思っている。( ˘ ³˘)

私は、どうしたものだろう。
一寸先が見えない。暗いトンネルで孤独になるな!
一寸先が見えない時だからこそ、軌道修正をしなくっちゃ!


 

一寸先が見えない時に、友人Sから誘いを受け、ランチにいきました。
彼女は、公私を見事に使い分け、傍目では淡々と生きています。
半年合わない間に彼女の私的環境は悲喜こもごもでした。
詳細は書けないけれど、私も経験があることなので、ホッとしたのも束の間、慌ただしく、心乱れる時もあっただろうと察しがつきます。
長く組織に携わる聡明な彼女の話を聞いていると うなずけることが沢山あります。
彼女を前にすると 社会に組織に依存することがさほど重要では無いと思い知らされます。いつどんな時もシンプルに生きていきたいと思います。
彼女の言葉を振り返ってみました。
そう、彼女はこんな硬い言葉は使わないけれど、要約すると下記のとおり。
「何が間違いか?何が正しいか?自分の意思は大切にしなければならない。が、人と接するときは、関係ない。職場では自分の思い以上に、目の前の人の喜び悲しみが重要だ!多勢に無勢のときこそ、勢の権力の暴走は許してはならず、まずは、常に少人数の意見をも聞く姿勢を持たなくてはならない。心に余裕を持ち、次に公平に視て、指摘し、是正していかなければならない。」
と。
彼女は、母ちゃん的立場をわきまえていて 公平な人だと思います。

彼女は私との会話で“日々のよしなしごと”を語れるので嬉しいと言ってくれました。
私も好きだなー。これから先もこの友と会える時間を大切にしたいと思います。
そうね~。そうね~。とうなずきながらコーヒーを飲みました。
さー、80㎞離れた長女のもとへ 数日行ってきます。

職を失った今、コロナ事情を気にせず心置き無く行けるわ。

趣味就活、特技退職の私


結婚して30年近く、子育て、家事、家業、仕事、いずれも手を抜かず精神状態を何度も立て直し頑張っています。
仕事をしていない今は、腑抜けです。
「仕事に就かず趣味を極めたら」と、夫は言ってくれますが、その趣味も何をしたら良いのやら?
自分が何をしたいのかもわかりません。
一度立ち止まってしまうと、仕事を得ることが怖いとさえ思っている自分がいます。

自分は、人を傷つけることに臆病ですが、仕事となると度胸が座っています。長年事務職に携わっていますが、大胆な割にすっきりするほど流れの良い仕事っぷりや 綺麗な出来映えとか 見晴らしの良い人間関係に拘っています。
何度転職をしても、その処を頑張り通す自分に、ほとほと愛想が尽きるのですが、そう言う生き方しかできないのです。

明るく元気に根気よく ただ闇雲に頑張っていると、社内間が回っていないと感じてきます。そして、清く正しく美しく尚一層励むのです。
祈りでもなく、依頼心でもなく、その姿を公で実行することで自分の人生を良くしようとしています。
それが、自分の生き甲斐なのかも知れません。

ところが、良くなるどころか苦しむことになります。この苦しみを乗り越えたら仕事(人間関係を含む時もある)が順調になると思って頑張り続けてしまいます。

頑張ることで幸せになれる訳では有りませんが、何故こんなに頑張るのかと自分に問いかけてみると、自分自身の生活を豊かにする為だけでなく、幸せになる為に頑張っている自分に気付くのです。

何をしたら幸せになれるか冷静に考えてみると、心から幸せな思いを起こし続けてゆくことが幸せになる為に大切な事であり、余興を楽しむ如く仕事と向き合うことが大事だったと反省するのです。

すると、自分は間違った方向に進んでいると感じるのです。ここは自分の居場所では無かったのだとも思うのです。

これでは、幸せな思いを起こし続けることができないと思ったから転職をし、自分の決断で退職をしたのだと…そのように自分の意識を変えてみると、退職という結果になったことを苦しまなくて済みます。

自分にとって幸せだと感じられる職は必ずあると思うのです。
それを見つけるまで粘り強く探し続けることが大事なことなんだと思います。

心から幸せな思いを起こし続けてゆくことが幸せになる為に大切な事!

.