カバーのリメイク

「カバーを作って」と、長女から頼まれていました。
子どもの成長に合わせて
椅子をサイズアップしたそうです♡
さっそく 裁ちました。
ミシン カタカタ♬ るーんるん♫
はい♪出来ました❤
物を大切にする大切な娘に応えました。
予約日だったので病院へ行ってきました。
いたって健康❤

帰り際、箱に詰めてカバーを郵送しました♪

子育てBlog綴っています

私が辿ったこの道を 家族を ただいま回想しています。


子どもと向き合い 子育て語って 考えて
想いを綴ったこのBlog。


このBlogという遺書を思いついた時、
私の想いを子供達に伝えるに当たり、半強制的な表現はしないようにと気を配りました。
こんな生き方をしなさい!なんて言われたら誰だって嫌ですからね。
カテゴリー:“子育て”は、特に、未来に母親となる娘達の為に、父親となる息子達の為に書き残したものです。

カテゴリー:“子育て”は、これまでの年月で得たことや書籍、そして、多くの年長者から学んだことを書いています。


このごろはあまり読んでいなかったのですが、私は子育て本を読むのが大好きです。
30数年前、小学館のめばえコース一式を購入した折りに付いていたハイム・G・ギノットの著書:『親と子の心理学ー躾を考えなおす12章』(小学館)から、良かったこと、共感したこと、気づいたことなどを多く取り上げています。


その著書の影響を受け、親が子に話すにはどうしたら良いのか?どう言った声掛けが良いのか?親の役目のはたし方を興味深く学習してきました。そして、コミュニケーションを学んで自分らしく生きることを大切にしています。
まだまだ 勝手な解釈もあり 独学です。
習った事を実践し、そのまた親子に伝える。その生き方こそ愛行と思います。

子育て真っ最中の皆さまに 
時空を越えて 何かしら届くと良いなー♬

子育て | まるさんの心日和 (wararara1105.com)

カテゴリー:子育て❤ 

のぞいて見てください。
お待ちしております。

無念


何をするにも、年齢なんて関係ない!
やれる!やろう!!
って、ふと思い付いて簡単に決断していたけれど
その過程、年齢がドンドン進んでたわー(笑)
いつまでも、気持ちは若いつもりでいたわ。

先日、友人と散歩してて、また、しまなみ海道をサイクリングしよう!!って話しが持ちあがりました。
ワクワクします。
行動力と金銭面は大丈夫!
問題なのは、時間です。
って 思っていました。

今直面している問題は、体調です。
結局、問題なのは、健康です。


そうなってしまったんだな〜って 思います。

某NPO法人を退職しました。
私は、託児事業を担当していました。
たった1か月余りですけど🥀😅



この施設の事業は多機能に渡り‥‥
その内容は、子育ての援助や相談、子育てに関する情報などを提供しています。

2016年~’17年頃 孫とともにこの広場に遊びに来て、
その当時、国は素晴らしい事業(地域子育て支援拠点事業)を創設したわー!と、感心しました。(上から目線ではありませんよ。本当に心の底から♡)





ご利用者は、生粋の地元人ではなく 転勤で居住している子育て中の親子です。
このコロナ禍だからこそ、親子が実家へ帰る心地で、気軽にご利用出来ますようにお母さんのリフレッシュの為に、私はこの広場でそのお子さまをお預りしておりました。

親子は、地域から孤立し、不安や悩みを抱えているという問題があります。解決とまではいかないのが現状です。
そのお力になるために、私の存在が有るのだなーって、思っていました。
私の立場では、深ーい話をお聞きすることは有りませんが、ただただくつろいで頂けたらと思っていました。



ここはお母さまのメリットとなっており、私はその中で生きている。と、実感していたんですけどねー。
あーあ、思うように行かないわね。

大丈夫!


人って、
「大丈夫?」でなくって
「大丈夫よ。」の言葉で 安心するんだなー。
って つくつぐ思います。






色々と大変な事になっている世の中です。
職場では、清掃作業が徹底され、
私は、玩具・床・手すり等に除菌液を吹き掛けて、念入りに拭き掃除。
そのガイドブックや職場のフローが見直されたり、日常の生活についての御定が発令されたり
日々、変化しまくりで過ごしています。




職場の引継者・指導者は、
「大丈夫?」の言葉を
帰り際に 私に投げかけるのよ。

初出勤の当初から
次の日も
その後も続いて
引き継ぎが終わても 
その後も、顔を合わせると。

あっ!
今日も
「大丈夫?」と、言ってきたわ。

はい!大丈夫ですよー。
と、私は答えたけれど‥‥。


大丈夫? の言葉は、私を不安にさせる。
私、   出来てないのかなー?
わたし、 何か見落としてる?
ワタシ、 失敗してる?
わたくし、不愉快な思いをさせてる?

失敗してるのなら 注意して欲しい。
責めて欲しい。
と、その折に言っても 

その方は、
「イエ、イエ。それならイイんよ。」と、言うのよ。

イイん かーーい!



何かあるんだな?

何かあったとしても

「大丈夫よ。」の言葉が聞きたい。

「大丈夫」の言葉で安心するのに❤

きっと、子育てもそうだと思うのよ。

🙄

相手の感情に焦点を合わす


人間関係において、周りの人々を信頼すること!大切ですよね。
信じてるからこそ、なんの疑問もネガティブな感情も持たずにルールを素直に守ることができるのかなーと、思います。

そこで、信頼関係の築き方の一つ、相手を理解することです。

相手を理解するということは、共感して聞くことです。
共感して聞くということは、相手の気持ちを理解しようとして、相手に寄り添い、相手の世界を見ることです。
「この人はどんな気持ちなんだろう」と理解しようとしながら聞くのが共感して聞くということだと思います。

話す時もタイミングがとっても重要です。
「相手はどんな気持ちなのかな」と感じながら話します!

自分ならこうするという解決策を考えていたり、自分の次の話すことを考えていたりする時は、
「こんなに集中して話を聞いたことない」と思っていても 思いの外、人の話を聞いていないものです。

自分の考えがある状態では、共感して聞くことは、難しくなります❗

そのためには、まず、相手の感情に焦点を合わせます。
意識すると、少しずつだんだん、気持ちをキャッチするアンテナが鋭くなります。
その読み取った気持ちを 反復して、そのまま言葉にすると、相手との信頼関係が深まります。

子育てにおいて絶大な “つなぐ言葉”は、母子生活支援施設においても有効です。