舞い上がっております



仕事が決まりました。
今回は、一年の契約です。



派遣元スタッフNさんのご尽力の賜物です。



前職場に制服を返却する段取りが付いた日に、
Nさんから㈱〇〇にエントリーしませんか?と、情報を下さいました。



土砂降りの雨の日、Nさんに付き添い職場見学をしました。



あれは、
見学という名の面接だったのですね😊🙄😁



私は履歴書、職務経歴書を用意することもなく、Nさんが持参した資料で私を精一杯持ち上げて下さり、



力を尽くしてくださる姿を見て、それに応えることが出来なかったらどうしましょう…。と、胸がキュンとなりました。



翌日の採用が決まった知らせには、胸がいっぱいになりましたよ。



心から嬉しく思います。





自分はどんな世界に身を置いていたいのか?
どんなことをしたいのか?
空いた時間にあれこれ考えていました。



孫との時間が好き〜♫
思い浮かぶ物を形にする手作りの時間も好き〜♫



だけどそれ以上に、



私は、まだまだ働いていたいのです。



それを具体的に思い描いてこの数週間を過ごしてきました。




毎月、1万円でも10万円でも収入があると、それだけでもう、心理的な影響は計り知れません。



それは正直な理由ですが、
それだけではなく、



事務員として働くことで人と関わりたいと思うのです。
お役に立ちたいと思うのです。



諦めることなく求め続けて、そして、思いが叶い、アラ還の私は舞い上がっております。



全て実績を積まれている派遣元のお陰です。



ありがとうございます。

.

始動開始



夫一番!次に子ども!そのライフスタイルに合わせて、仕事や時間を選んできました。
と言ってもその道は、誰が選んだ道でもない。
自分で、選んだ道ですもの。



本当は、自分の心が一番!
私の考えを隠すことなどできません。



今から、制服を前職場に返しにまいります。
事前に連絡をすると
「メモを取っていた手帳も!」とのこと。(虎の巻)
そうですよねー。



いくら手帳を眺めても
この手帳は未来の私に無用です。
人生を振り返る時間を持つことは、人生を大事にする第一歩になるのだと思いますが、
頑張った証は、自分の胸に!



私の努力は、何らかの形で次に引き継がれると思います。



さあーて!
ふっ切って就活開始。

.

.

仕事運

ワタクシ、
再就職のたび、仕事運有るわwwwと、思い込む力は天下一品です。



ところが
私に仕事運が有るかと言うと、
ジャンジャンバリバリ頑張った割に、

実態は‥‥‥



不当解雇を実感したり、
契約期間があり継続かなわなかったり、
吸収合併で解雇となったり、
年収やボーナスがあまり良くなかったり、
雇用条件が悪いうえに残業を行った際の支給が途絶えたり、
肩書が正社員並みであっても曖昧な立場であったり、
事務職員は生産性が無いヤカラだと、なじられたり、
環境さえも粗雑で、見合うものを感じられ無かったり、
マネジメント能力の低いオーナーであったり、


今になって思えば、未練を残さず見切りをつけれる職が多かったようです。


如何なる時も綺麗な仕事をしたいと思っています。
ならば、心はいつも綺麗な状態でいたいものです。その心持ちの時、気持ち良く仕事ができます。

我慢をしていると不満が溜まります。
自分の心がズレていることに気づかず仕事に励むことはできますが、その心理状態では、いつか爆発するのでは無いでしょうか。
そして、仕事が回らなくなることが怖いです。


何れの職も不安を感じるたびに転職を検討し、
正社員の道から掛け離れた路線をウロウロしていました。
娘から
母さんの特技は、『退職』
母さんの趣味は、『就活』
と、名言が出るほどです。

長男には
「オカンは破天荒だ!」と言われ、私に問題があるかの様に思われています。
むむ🙄😳😁



仕事運があったとは、言い難い‥‥‥



そんな私ですが、
今回は、
仕事運があるわwww、
魅力的な職場だわwww、

  と思います。

一寸先が見えない時

職を無くしたー。
一寸先が見えない。
暗いトンネルの入り口に立っている。

私は、未来を思い描いて、何を始めたら良いのか考えた。
そして、その試みを積み重ねて そこに向かって❤この数年半端ないほど努力した。
未来を見つめて ジャンジャンバリバリ ただただ頑張った。
だけど、
その未来は、道半ばにして無謀にも崩れた。
組織に染まる事は、簡単ではない。
想いの丈を注いだが、柔らかいお尻もほっぺも 今この手に触れることは無い。
小さな子どもたちのそれぞれの成長を喜んだあの時間は貴重だった。
でも今、何も残っていない。

自分の人生と向き合ってみる。
自分は、シンプルに生きていきたい。
なのに
自分が何処に向いているのかイメージを持てない。
せっかちになったり、愚痴を並べたり、何かしらを吐き出したいと思っている。
そんな負の思いは消し去りたい。
嫌だ!嫌だ!シンプルに生きたい!

どんな未来を思い描き、そこに向かって何を始めたらいいのか?
何かしらの試みを積み重ねていく術も 今は思い浮かばない。
だからこそ 始まりに戻ってみようっか!

夫は、組織に依存せずに生きている。
心乱れることなく貴重な時間を自由に生きている。
私は、それを羨ましく思いながら 尊重している。

友は、心乱れながらも組織の中で公平に立っている。凛としたその姿はカッコイイ!
私は、出来ることなら、そんな仲間に包まれたいと思っている。( ˘ ³˘)

私は、どうしたものだろう。
一寸先が見えない。暗いトンネルで孤独になるな!
一寸先が見えない時だからこそ、軌道修正をしなくっちゃ!


 

一寸先が見えない時に、友人Sから誘いを受け、ランチにいきました。
彼女は、公私を見事に使い分け、傍目では淡々と生きています。
半年合わない間に彼女の私的環境は悲喜こもごもでした。
詳細は書けないけれど、私も経験があることなので、ホッとしたのも束の間、慌ただしく、心乱れる時もあっただろうと察しがつきます。
長く組織に携わる聡明な彼女の話を聞いていると うなずけることが沢山あります。
彼女を前にすると 社会に組織に依存することがさほど重要では無いと思い知らされます。いつどんな時もシンプルに生きていきたいと思います。
彼女の言葉を振り返ってみました。
そう、彼女はこんな硬い言葉は使わないけれど、要約すると下記のとおり。
「何が間違いか?何が正しいか?自分の意思は大切にしなければならない。が、人と接するときは、関係ない。職場では自分の思い以上に、目の前の人の喜び悲しみが重要だ!多勢に無勢のときこそ、勢の権力の暴走は許してはならず、まずは、常に少人数の意見をも聞く姿勢を持たなくてはならない。心に余裕を持ち、次に公平に視て、指摘し、是正していかなければならない。」
と。
彼女は、母ちゃん的立場をわきまえていて 公平な人だと思います。

彼女は私との会話で“日々のよしなしごと”を語れるので嬉しいと言ってくれました。
私も好きだなー。これから先もこの友と会える時間を大切にしたいと思います。
そうね~。そうね~。とうなずきながらコーヒーを飲みました。
さー、80㎞離れた長女のもとへ 数日行ってきます。

職を失った今、コロナ事情を気にせず心置き無く行けるわ。

移ろう様

良い夫婦って何でしょう?

若い妻の持論からしたら・・・

「そうね、夫が妻の言う事をちゃんと聞くことかしら。」

子育て真っ最中の妻の持論からしたら・・・

「そうねぇ、お互いを思いやって、辛いときも嬉しいときもいつも一緒に乗り越えていけるような関係じゃないかしら。」

熟年妻の持論からしたら・・・

「そうね。不満の無い夫婦なんて世の中には無いと思っているから、でも、それでも一緒にいたいと思えるのなら、それが良い関係と言えるのじゃないかしら。」

相手を変えようとせず、まず自分を変えることで見つけた持論の移り変わりです。

黄葉の舞う様子を見ながら振り返りました。

~☆~