とびしま海道

来島海峡大橋をくぐった。
潮の流れが速く 海はトップンタップン波打ち光っていた。
いくつもの橋を渡り瀬戸内の島々の海岸線をドライブするのはとても気持ちが良かった。
路上の果物販売所で清見オレンジを買った。古い町並みとミカンを売るおっちゃんの会話までもが、昭和レトロの漂う素敵な空間。
瀬戸内海に浮かぶ無数の島々、透き通った海、青い空、この瀬戸内には沢山の魅力が詰まっている。
車窓から眺める景色に思わず手を合わせたくなった。
そして、その先は・・・

引越し準備が終わっていない部屋だった~~~♪

せきぜんフェリーにのって

夫とボンゴに乗り末娘の迎えに行ってきた。往路はとびしま海道経路で4時間の旅だった。自宅から今治港までは車で50分程度。せきぜんフェリーに乗り今治港から岡村港まで約90分。岡村港を降りて、とびしま海道を60分程走った。有料の安芸灘大橋を渡って40分程度で娘の居る東広島市のヒコボシ棟へ着いた。

(とびしま海道=愛媛県今治市の1つの島と広島県呉市の6つの島とを繋いだ道)

願いどおり

「荷造りできた?」と、娘にたずねたら

『前夜、飲み会。今夜も飲み会。何とかなろう。』の返信文と画像。

明日退去よ!

この部屋、これはひどい!明日退去だというのに・・・。

「細かい物は段ボール箱へ詰めて引越しの準備を始めてね。」と数日前から言ってたのに・・・。

あなたはいつも一人で淡々と なんでも成し遂げるお利口さん。だから、勉強しなさい。と言わなかったよ。口うるさい事を何にも言わなかったよ。

あー、だけど、母さんは貴女に甘かったわ~!

深夜、

『送別会だった。いっぱいもらった。明日、8時前には起こして欲しいな!』の文と画像が届いた。

お餞別いただいた~☆”

ここ数日、立て続けにゼミ・サークル・バイトの其々の仲間とお別れをしたようです。

しまなみ おにぎり← 親の願いどおりの学生生活だったんだなぁ。

っと。そう云うことで・・・

五エ門巻き

GWの三泊四日、私は娘の部屋にほとんど缶詰状態で、娘の住み良い空間作りに専念しました。私にとってはとっても有意義な時間でした。

三日目は、スタッフがめっちゃ元気なお好み焼き屋へ娘が連れてってくれて、そこで五エ門巻きをご馳走になりました。
ふわ~として とっても美味しかったよ。

五エ門巻き

四日目、スッキリ片付いた娘の部屋をしばらく眺めてフェリーで帰りました。

自己満足!たっぷり達成感!

籠や引き出しの中、使い勝手の良いように微調整?大移動?して 良いからね~~~♪

ヒコボシ棟にて

今宵は満月。
月夜の散歩中、ヒコボシ棟の坂を下ると手作りの照明で飾ったカレー屋の看板が目に入りました。
ビーフカレーを食べました。ワンコイン也!
オツカレー♪

ビーフカレー

このGW、次女(東広島)の転居先に来ています。
娘は今まで居た学生寮から歩いて5分程の賃貸アパートに引っ越しました。
決められた期限が押し迫る中、冷や冷やしながら明け渡しを無事済ませましたが、転居から一週間たっても大混乱のまま!!
“娘はGW、アルバイトに勤しむ様子、部屋の片付く日は未定” と判断したワタクシ。
そこで母参上と相成りました。
来て見るとLINEの画像で見る以上に凄まじい状態です。
昨夜は、爆発で散乱したのかと思うような部屋に 娘が瞬時に布団を敷くスペースを作り 肩を寄せあって寝ました。
今日は、部屋の半分ほどフローリングが見えるようになりました。
明日には、残りの荷が予定の場所に収まるはずです。
ここは高台にあるヒコボシ棟。真向かいは、オリヒメ棟。それらを共有するスペースは駐車場と上下水道の配管で、天の川という風情は微塵も無い様ですが、ワタクシ、このアパート気に入りました。

なんと素敵な祝日❤

.

🥰