摩擦レス



「はい!この味もイイよ!」
と、次男はエナジードリンクを私に差し出す。
仕事を終え、車で40分間の帰宅途中、コンビニに立ち寄り眠気覚ましに飲んでいるようだ。

.



私は、手渡された缶をプルンと降るのが癖になっている。
軽っ!!
ほぼ空き缶。
「これっぽっちじゃ、お味は分からないわ。飲みきってね。」と、御膳の斜め横に置いた。



缶の処分を私に委ねているのでしょうけど、毎回ほんの少し残っている。
残量は、処分の謝礼のつもりかな?
それとも
ひょっとして味の共有をしたかったのかしら?
そうだとしたら可哀想な対応をしちゃった。と、思うのだった。



次男は、朝食を食べて食器をシンクに下げてマンションへ帰って行った。
テーブルには、あの空き缶が置きざりのまま…。
私は、洗って所定のゴミ箱に捨てた。



長女がこの光景を見たら「自分で片を付ける!!」って憤慨するのでしょうねー。
「こんなに頻繁に実家でごはんを食べるなんて😂一人暮らしが板についているとは言えない。」
と、声が聞こえそう🙄



食事と言ったって、こんな粗食なのにね😁

.



私は、次男と同じ空間に居て28年、全く摩擦を感じたことがない。
むしろ、居心地が良い。

.



先日、次男に頼まれて彼の住むマンションの掃除をした。



掃除が行き届いて綺麗な部屋だった。
キチンと片付けられているキッキン。
窓から光が入る様は、とても気持ちが良かった。
清々しさを感じた。



ところが、
洗面所と風呂は、澄み切った空気…とは言い難い状態だった。
浴槽垢の擦りキズとカビキラーの空き容器がゴミ箱にあるのを見て、彼なりに頑張った形跡はあった。



洗濯槽の洗浄も含め、3時間掛けてようやく水回りが綺麗になった。
ウタマロと風呂職人で摩擦レス。更に良くなったよー♬
と、LINE をして帰った。

.



連絡を取りたくても音沙汰の無い私に腹を立てた長女の反応は、過激だった。
「一人暮らしの息子に頼られて、部屋に入れてウカれとる母に物申す。
仕事行っとる間に、部屋がキレイになっとる?
そんな甘やかしはイカン!!
自分の部屋、自分で掃除するの当たり前でしょう!
どうやったらえぇか、そばで教えるならまだしも…
相手はアラサーよ!ためにならん!
etc… 」



母さんからすれば
まだ独り身の次男は、
連れ合いが居なくて不憫だわ😔



長女には、相棒が居るでしょう。
二人で相談しあって力を合わせて頑張れるでしょう😉



スッキリしたはずなのに
すっきりしない一日だった。

.



※追記

子どもが私を必要とするのなら、子どもの為にどんな些細な事でも動いてあげようと思います。

成人したのだから、自分のことは自分でできるようにならなければと言う人もおりますが、子どもが私を必要とするのなら、親として子どもの為に何かしら協力してあげようと思います。

社会は甘えることのできない世界です。
母親には安心して甘えて欲しいと思います。
いっぱい甘えてきたからこそ、甘えることができない社会へと安心して飛び込んでいけるのだと思うのです。

子どもの将来を考えると、子どもが満足するまで、子どもの甘えに応えてあげるべく 親として想いを寄せることが大切なのでは無いでしょうか。

修行よ♬


休日は、のんびりしたいのに…



昼過ぎ、久しぶりに車道4本向こうに一人で住んでいる次男が、相変わらずの甚平姿で現れた。



「母さん、メシ!」
と、ゴロンと横たわっている私の手を引っぱる。
縁日に誘われたような勢いで息子にエスコートされ台所へやってきた。



まず、
作り置きをテーブルに並べて
息子が食べている間に
さらに、腹の足しになるものを作り始めた。



子どもにお願いされたら、気持ち良く作るしかないよね。
自分がしたかったことって、いつでもできるもの。



家族は、これやって、あれやってとこれまでに散々私にお願いをしてきた。



30数年、こんな風に家族のことを優先して、残った時間で自分のやるべきことをやってきた。
如何にお願いされたことを気持ち良くやるか♬



気持ちを何度も立て直し、
自然と温かい心持ちになって、ずーっと子育てをしてきたよ。

.

❤️



次女が言う
「母さんは、たあくんに甘いわー!」



私は、みんなに甘いよ?
貴女の願いをいつだって叶えてあげたいと思っているよ。



そうそう、昨夜は、ご飯を作ってくれてどうもありがとう♬
職を得たばかりの母を気遣ってくれてありがとう♬



貴女も母さんと一緒よ。
自分のことを必要としてくれたり、お願いされたりすることは、有り難いな☘と思うでしょ。



この気持ちを維持していくことが大変なんだけどねー。修行よ。修行❗



今朝は、娘が気まぐれでパンを焼いた。
「母さんもどうぞー」
と、言うので
濡れ縁でコーヒーを飲みながらパクッと頂いた。



美味しいーーー💕。
何ということでしょう。
娘の思いつきと器用さは、私の上を行くわ🌹

.

.

.

💕

オクラ


オクラは、夏場を中心に食卓で大活躍の野菜です。
1週間、畑に行けなくて やっと収穫しました。


育ち過ぎてこの大きさ!!

長さ15㎝
太さ : ペットボトルキャップより太い!


どうかな?
オクラは、茹でてお料理に使います。
茹でる前に、茎を切ってみました。
ガリっと音がした場合は、全体に筋っぽくなっている可能性があるのですが…
サクッ
大丈夫でしたーーー❤

茹で上がりましたよ。

こんなにもしっかりとした星型オクラ見たことない!



さあーて、ポテサラの彩りのひとつにしようかなー。


と、思ったら

次男登場♬
夜勤が終わって帰り際 立ち寄ってくれました。

丁度、お出汁の利いたお味噌汁とお赤飯が有るんだよ♬
それと 鰹節を振り掛けて そのまんまオクラ♬
急いで、食卓を整えました。



どうか この息子にも良い未来を❤

「待つ」時間



深夜、テーブルの上に一食分。


今夜あたり、
ひとり暮らしの次男が、仕事帰りに立ち寄るかなー。と。


待っていることに囚われてしまうと、待つことがしんどくなります。
なので
淡々と・・・



私は、長男から頼まれていたズボンのホツレを直していました。



待つを超えた待つ時間、
何にも期待せず 何となく身の回りのことに目を向けて 過ごしています。

お直し完了♫



蛙の鳴き声に混じって車の音。。。
私はいそいそ
今夜のメニューには無かったアサリのお汁を作りはじめます。



Red Bullのドリンクを片手に 次男が帰って来ました!!


食事をしながら
ほぼ楽しい.嬉しい話をしています。
レーサーの肉体と精神の心臓とか
ドリンク会社がエンジンを買収するとかしないとか
契約が切れたが、あと2年フォローするとかしないとか


食べ終わりました。
DAZNのF1試合中継が楽しみなのだそうです。
仕事中、F1の結果が気になりながら知りたいのを我慢して、今の今まで待ったそうです。
早く家に帰って落ち着いて観たいでしょうに。
なのに、私の所へ立ち寄ったみたいです。


次男も
待つを超えた待つ時間、
何にも期待していない風に 何となく身の回りのことに目を向けて 過ごしているのね♫




「ごっつぉうさん」と、帰って行きました。
ドリンクを テーブルに置いたままです。
やっぱり ほ〜んの少し‥飲み残しています。
少し残すところ 夫と同じです。

あー息子

一人暮らしの次男は、仕事帰りに我が家にやってくる。

こんなあんばいに ⇒ 息子よ

そして、時には ⇒ ほのか

まれに こんな時も ⇒ 息子が作ってくれた晩御飯

息子は、食事をしながら ほぼ楽しい.嬉しい話をしてくれる。

私は、息子の顔を眺めながら

出勤前の準備をイソイソしていたり

ミシンを走らせていたり

孫とお絵かきをしていたり

....

ところが、次男は このところ ため息をついて不機嫌だ。

「何べん繰り返したら気が済むん」とか

「情けない」とか

「あ~~~っ」など

レ〇〇と ホ〇〇は ル〇〇が....

と、話をしてくれるけれど、湿っぽい独り言が多い。

今朝も エナジードリンクを飲み飲みやってきた。

仕事帰りの次男は、ため息交じりに食事をして寡黙だった。

「ごっつぉうさん」

と帰っていった。

ホンダF1撤退は、

我が家に うん? 私に?

多大な影響を及ぼしております。

あー懐かしい日々 ⇒ ゴロン.ゴロン.

☆  ☆

Red Bull

面と向かっちゃ~言えないが

あー息子、  さんつけえ~~~~~!

結婚は良いよー。