気持ちを話す



先々週、38度を超す熱が数日続いている父の様態を 入所している特別養護老人ホームから知らされていました。



熱が治まって一週間が経ち、ようやく父に会えました。



エントランスに父と母と弟と私、古い家族が揃いました。



ガラスごしに見る父は、不機嫌そうに見えました。



弟は、
「家族揃ったのぉ。わかるか?わかるか?」
と、父に尋ねます。



母はしきりに
「じいちゃん!じいちゃん!お互い長生きしょーねぇ。」
と、マイクを持って話しかけます。



ですが、父の返答はありません。



私が、
「ばあちゃんが作ったスイカを持ってきたよ。皆さんと一緒に食べてね。」
と言うと、



父はうなずきました。




ヘルパーさんの話では、

  • ゆっくり自分で食事をする
  • 人形を持つと抱いたり揺らしたりして遊ぶ
  • 癇癪を起こしたり暴れることは一切ない
  • 自分の気持ちを言葉で表現することはあまりない
  • 話しかけると静かに一言 応える

とのことでした。



いたって穏やかに生活しているようです。



内服薬で落ち着いたと聞くけれど
あの熱は何だったのでしょう?





車に乗り込んだ母は、
「元気そうで良かったー。」
と言っていますが、その後に
ため息を付きました。



前回の面談では、
オムツばかりに頼って、定期的にトイレに誘導していない!
と、その事を嘆いて排泄の介助を強く望んでいた母でしたが、
今回は、しおらしい様子です。



いつもなら、思ったことを口にする母ですが、

その母は、
何を感じているのか…。
何に怒っているのか…。
何と向き合っているのか…。

.





私は介護には詳しくないけれど、
そして、認知症の老いていく過程を知らないけれど、
私はそれでも、施設の介護者のお陰で娘をさせて頂いております。



私は、有り難いと思う気持ちと、
消えつつある父の感情や いつになく無言の母を案ずる気持ちが混在します。



母の心を案ずれば切ないし、今回の面会で父の笑顔が全く見られず胸が痛みます。




生きていると、嫌なことや傷ついたことが色々あります。
そんな時、その気持ちを話せるかどうかで、心の健康は大きく変わってきます。

人って不思議なもので、気持ちを聞いてもらうことで、健やかな心持ちで過ごすことができます。

ところが反対に、どんなに心が傷ついてもタイミング悪く話すことができなかったり、我慢することを自分が是認すると、体調が不調になったり、心が病気になることだってあると思います。

そういう意味で、自分の気持ちを我慢することなく話せること、そして、気持ち良く聞いてくれる人がいることが大切だとつくづく思います。



私にBlogがあって良かったー。



まだまだ現役で勤めている弟は、家族から離れ母と同居しています。



母は今日の事を息子と語っていることでしょう。

.

母の希望



玄関先での面会が許可されたので、特別養護老人ホームに入所している父に会いに行きました。



母・私・娘・孫娘(つーちゃん)の4世代がエントランスで待っていました。



車椅子に乗った父が、お人形と一緒に 介護士の付き添いで下りてきました。

.



父は、つーちゃんと初お目見えです。



「つーちゃんに会うと喜ぶわー。」
と、父の喜ぶ顔を楽しみにしていた母の希望はかないませんでした。



「まるちゃんと孫と曾孫のつーちゃんよ。」
と、話しかけますが、
父は不安そうな笑みを浮かべ、お人形を揺らして遊びはじめました。



介護士が
「このように、穏やかにお人形と遊んでいる様子を良くお見受けします。」
と。



母は、あれこれ言葉を変えて父に話し掛けます。



「おじいちゃん✨そのお人形は、まるちゃん(娘)が子供の頃大切にしよったんよね。思い出すねー。じいちやんの考えとること、ばあちゃんは、ちゃんとわかるよー。」



母は、互いに伝えようとしていることが理解できないままでは寂しかったのでしょう。



母が声を掛ければ掛けるほど、私の胸にある父の存在と現実は遠ざかっていきます。



私達は、施設での父の様子を見学することはできましたが、
父と意思の疎通は取れませんでした。



車をそのままにして、すぐ近くの東浜公園で遊びました。



「ばあちゃん!ばぁば!ママ!」
と、つーちゃんの可愛い声が公園内に響きます。



つーちゃんは、母のことをばあちゃんと綺麗に発音します。
私へのばぁばの呼び名とハッキリ使い分けをして話し掛けてくれます。



ブランコ・滑り台・網状のトンネルでドンドン遊ぼうと誘発するつーちゃんに、
母は元気をもらったようです。

.




公園内で10時半、
なんと母の歩数計は4000歩を超えており、
ちなみに私の歩数計は1000歩余りでした。

.



「まるちゃん、この歩数計は、かなりエエわね。楽しみのひとつで励みになるわ。」
と。
日々、歩数計の数値に一喜一憂し元気をお越して生活しているようです。
母は、毎日12000歩〜18000歩の数を叩き出しています。
もはや曾孫と滑り台を滑るのが恐い、
ブランコの揺れに身を任せるのが恐い、
と言う母が、
いったい、どうすればこの数が出せるのか不思議です。



この数値と同じように、努力で…
母の希望が叶うと良いのですが。



網状のトンネルを除くと、ほら♬ 明るい未来が見えますよ🌹

.

.



※ 追貼

.

老いること


母のお伴をして父が入居している施設へ行きました。
父と母には2m程の距離間が有るけれど、ようやく直接会えたことが共に嬉しい様子でした。
「で?ワシは帰れるんかい?」と父。
それを誤魔化すように母は、医療生協で習った手遊びや歌を手本のように先導すると 
父は快く真似をしました。
「あの時ね、おじいちゃん!・・・」と、母は共に過ごした時の嬉しい楽しい出来事を大きい声を出し次々話します。
「あ~、あー、おぅ~」と、不思議そうにうなずく父です。
母は、父の顔色が良く一見若返った様子を羨ましくも.嬉しくも.思っているようで、自分の思いを感じたまま語りながら車に乗り込みました。
母の願い通り、不在票に記載の品を受け取りに本局へ行き、
ATMに立ち寄り、ザ・ビッグで買い物を済ませて帰宅しました。

.


かつて、感情に任せて怒ったり
自分の勝手で人に構ってきたり
母に指図され無情な振る舞いをしたり
人の言葉を無視したり
油断して心を許した人の心を置いてけぼりにしたり
そんな父は全てを忘れました。
あらっ?忘れた振りをしているの?
まっ、いいわ。
父が居たから私がいるのです。
それだけは真実。

過去に素直になれない私は、忘れた振りをして気丈にあなた達と同じ場所にいたのよ。
今は、忘れた振りをしなくても楽に会えるようになりました。

私の半生なんて、宇宙規模からすると晴れ間と晴れ間の大〇流しね♬

施設の 綺麗に透き通った空気は、頭を軽くさせてくれるわ。
時に、気持ちが良いものですね。



昔むかし、私が二十歳の頃
“血縁がなければどんなに楽だろう。”と苦しんでいる私に、実はその私が父母の愛を求めていることを呉服屋の店主が気付かせてくれました。

「許す日?許される日?まるちゃん、和解をしようと思っているの? 親子の関係は、和解じゃないんだよ。ただただ感謝しかないんだよ。」

その当時教えて下さっていたのに…私は、遠回りをしました。

今日は、その言葉を投げ掛けた店主に 感謝をしています。

ありがとうございます。

ふるさと

山の谷間

イノシシ除け

実家は山と山の谷間にあります。
イノシシやサルが出没します。柵を壊して畑を荒らすので 母はほとほと困っています。
父に会いに行く水曜日、母を迎えに行くと
昨夜、イノシシは柵の足元を掘り、柵をなぎ倒して乱入し、サツマイモ畑が全滅していたのでした。
「ひ孫が芋ほりを楽しみにしているから 丹精込めて作ったのに....」
と、母は何度も何度も言い 悔しそうです。

そこから10数分車で走ると父が入所する施設があります。
コロナ禍ゆえに直接会うことが叶わなく、タブレットの画面上には、昔ながらの穏やかな父の姿がそこにあって、
母の悔しい話を聞き「そうか~。そうか~。」と、うなずく父。
ケアマネさんに託したキューピー人形を父が嬉しそうに受け取り、
抱きしめたり そのお顔を突っついたり かぶりついたり ズボンに入れようとしたり
母が一夜にして編んだ衣装を着ているかわいいキューピー人形は、身長39cmなので迫力があります。
わお!ズボン破れるよ~~~!
母は、とても上機嫌でした。

☆    ☆

長く生きて!

前回の面会では、表情が乏しく能面のような顔をしていた父。
あんなに無気力だった父が、母のいろいろな差し入れに反応を示した。
父の認知症はもとに戻ることはないだろう。
施設で、たくさんの人と会話をして刺激を受け、その社会に身を置くことが父親にとって最善のことだと実感した。
以前、父の施設入所を母が拒んでいたことがあった。
でも現実、母は毎日を楽しく懸命に生きている。畑を耕したり、カラオケに行ったり、裁縫教室の講師さながら自治会館へ通っている。
これまで子育てや様々なことに貢献してきたのだから、これからは自分のために時間を使ってほしい。

母は、まもなく83歳の誕生日を迎える。
2019年日本人女性の平均寿命は87.45歳だから、まだまだ長生きできる。
平均寿命は年々更新していると聞くし、素敵な環境に居るのだから元気で長生きできるはずだ。

2018年4月の父の徘徊、その騒動以来、弟が単身で母と同居している。
母を交え弟とその家族が毎週食事に誘いあっていると聞く。
数日後に控えている母の誕生祝は、家族水入らずで外食で祝ってくれると言う。
私はイイよ。もう祝ってあげたよ。祝ったといっても特別な事をしたのではない。この秋に良いかなと思い、長袖の薄手パジャマをプレゼントした。
ただただ、父と母が生きている現実を喜んでいる。

☆    ☆

霧の森大福

夕刻、弟が、霧の森大福を持って我が家にやってきた。
すぐ帰ると言うので差しさわりの無い会話を玄関先でしていたら、とどのつまり遺産の話だった。
夫が二度(2000年9月・2014年7月)病気で倒れたことがある。私は、一家の大黒柱が倒れることの大惨事を身をもって経験した。
我が家を小市民と言ったことがあるけれど 貧民と言った方が真実に近い生活だった。
夫の快復から随分と年月が経ったのちであったが、そこを救ってくれたのが実家の両親であった。
“弟の願い” 遺産相続放棄を聞き入れて、お帰り頂いた。
霧の森大福を食べながら、実家が遠くなっていくのを感じた。
こうして、ふるさとになっていくんだなー。

 実家