なまこ



深夜、7歳の孫が願い出て父親と海へ行き なまこを獲ってきました。



大潮の干潮を狙って行きます。
冬の風物詩として、親が子に伝えている遊びです。
事故などを恐れて、遊び!と、言えるようになるまで時間がかかりましたけどね(。•̀ᴗ-)✧



軍手の上にゴム手袋を着用し、首には手ぬぐいを巻きます。
ヘッドライトの明かりを頼りに、潮だまりに浮遊するなまこをフワッと獲るんだそうです。
そう言う私は、獲りに行ったことが無いんですよ(◠‿・)—☆
寒中の深夜だなんてとんでもない!



今日はのんびりしたいのだけど
孫が寒い中、それも3:00と言う時間帯に獲ってきたと言うのですから
ばぁばも調理を頑張らなければなりませぬなーーー☘

.


じぃじの和え方、上手です♬



■ 捌き方の手順

  1. なまこを軽く洗ってまな板へ
  2. 頭とお尻を1センチ程切り落とします
  3. 柔らかいお腹に包丁を入れて開きます
  4. 内蔵や土を水で洗いながら丁寧に落とします
  5. 開いた内側をスプーンでゴシゴシして薄皮とぬめりをとります
  6. 内側を表にして程よく切ります(2ミリ程度の千切り)
  7. 水で再び洗い流しザルに打ち上げ冷蔵庫へ♪
  8. お酒タイムまで待機です!
  9. 食べる直前になりましたら
    器になまこと大根おろしと橙を混ぜ合わせます
  10. 盛り付けます
  11. 好みによりミリンや橙をしぼり足し、醤油をかけて頂きます♪

.



さぁぁ!
完成です!

.

近況

近況報告・・・

夫が、アワビとサザエとなまこを獲って来ました。

夫の獲ったなまこ

長男は、魚を釣ってきました。

息子が釣った魚

翌朝、長男もなまこを獲って来ました。

息子の獲ったなまこ

その次の早朝、夫と次女がなまことタコを獲って来ました。

その日出会った方々へ、その日の収獲物をお裾分けしています。

ほんの気持ちです。

喜んでくださると言いのだけど・・・

申し訳ありませんね。

ニシをご存知?

PM6:10  夫より メールが入る 。

「ニシを食え わさび無い。」

—— はてなマーク ——

何? 丁度 買い物中だったので 取りあえず わさびを買い足す。

.

.

PM6:30  私、家に帰る。

運動会の練習と部活で 子供たちの帰宅は まだだった。

夫は 例年この時期、地方祭の準備の為 もう既に自治会館に入り浸っている。

夏休み中の騒がしさと打って変わって 私ひとり・・・玄関に立つ。

White Stone家は 6人家族。

.

私の心もち?により 住人の数は日々大幅に変わる。

そう易々と6人よ!とは言えない。🙄

.

毎度の如く ⚡靴の氾濫は凄まじい。

そして 廊下の隅に寄ったホコリが 私にお辞儀をするように控えている。

「ワシが帰ってきて出迎えてくれるのは 廊下のホコリだけじゃ!」

と 夫の名文句を思い出す。

なるほど ・・・うなずく

“食え”というのだから台所だろう

と スーパーの袋を提げて ホコリを横目に 先を急ぐ。

ありゃま! 流しに サザエ?ツボ?の殻が山積み。💦

鍋も茹で汚れたそのまんま。💦

まな板も包丁までも出しっぱなし。💦

冷蔵庫を開ける。

サザエだか ツボだか 刺身にして お皿に綺麗に盛り付けてある。🎶 🎶 🎵

.

ニシって これはてなマーク

何故ココにはてなマーク

数日前から 夫は汐見表を見ていた。

誰かと一緒に 磯へ? 沖へ? 近々行くだろうと 察しは付いていた。

「茶くれ! リモコンは? 新聞は? 爪楊枝!」と 普段 なんにもしない夫が 家族みんなに ニシツボを用意してくれた。💕

.

まずは 洗濯物を取り込んで そして 廊下の拭き掃除 (ホコリちゃんさよならねぇ~♪)

その後 晩ご飯を作り出す。

いつになく 着々と 家事がはかどっている。

.

玄関に氾濫していた靴を洗った なんと9足!

夏休み中履いていた子供たちの普段靴。😜😅😰

.

.

PM8:00  長女・ちびちゃん・こちびちゃんが銘々部活から帰ってきた。

4人で遅い晩ご飯を食べる。

ニシ?の一皿の3分の1を 皆でわさび醤油を付けながら食べた。

コリコリしておいしい。 内臓の緑の部分がサザエと一味も二味も違う これがニシ⁉️

.

こちび ◇ろころこのうた◇ ず~っと うたい続けている🎶

😍 🤩 🥳

パチョンボ~モ~イ ノイノイ チャカレタパットン パンコラケットント~ン ♪

ノ~ラッ チュレレ~ロットンポラポラペトン プ~ロラッタンタン パップ~ラッモ~イノイノイ・・・・・♪

母も覚えちゃった・・・

ツボの殻をテーブルに並べる 一つ。 二つ。。 三つ。。。

.

.

AM0:10   長男が バイトから帰ってきた。

ニシ?を食べはじめた。 内臓部分を食べようとはしなかったが

「サザエじゃないよ ニシなんよ!」

と さも知っているかのように自慢げに勧めたら 完食した。

.

.

AM0:50   やっと 夫が帰る。

「食ったんか?あれはニシヅボ!シゲ兄と磯へ行って獲ってきた。」

ニシをどのようにして獲ったのか?何時ごろ?どのような所で?何の苦労もなく獲れるのか?

尋ねたいことが一杯あるのに

「あんたには 関係なかろうが!!」

と 答えてくれない。ダウン

関係ないことは無い 楽しい話は いっぱい聞きたい。

・・・毎度の事なので それ以上問わない。

夫にとっては 余程楽しい時間だったろう。

その時の事をせめて事後報告でいいから聞かせて欲しかった。

子供たちが食べているその場で ニシヅボ獲りのコツとやらを満悦に話す人ではない。

まして その楽しいニシ獲りを 家族を連れて 現地で共有する人でもない。

自分が行きたい時に 楽に付き合える人と 自分だけ楽しんで来る。

あ~あ 気持ち良さそうに

寝ているわ。😴

.

今日は ニシを あう♪

.

.

.

ニシを喰え!

.

.