新年会

山道

成就社

小雪が舞う中、山道を歩きました。

新年を迎え友人たちと恒例の初詣、石鎚の成就社へ行って来ました。

山小屋でおでんを頂きながら酒の宴を散々催しました。

午後からは姪っ子も集まり 我が家で 更に賑やかな新年会となりました。

生カキのホットプレート蒸しと大皿に盛り付けた小あじの揚げ物、ミヤコツボの煮付けを瞬く間にたいらげてくれました。

皆で長男のウエディングと本郷喧嘩特集(新居浜太鼓台喧嘩祭り)のDVDを観ました。

酒と笑いと祭りと語らいの元旦でした。

これじゃ、バカになってまうわ!

今年も良い年でありますように💕

🎵。。。。🎵。。。。🎵

ちょっぴり感動

大晦日、

「明日、本当に行くん?かなり寒そう。。。こんな麓でも路面が凍っとんじゃけん。よう行けてもダムまでじゃわね。」

と、気分は乗らなかったのに、

年が明け、AM3:00アラームが鳴り数時間の眠りから覚めると惰性で準備を整え、

車に乗り込む頃には、だんだん気合が入ってくるのでした。

元旦、石鎚神社の中宮 成就社で初詣をしました。

毎年恒例の登山並びに新年会です。

石鎚ロープウェイ乗り場までの林道は所々凍っていて

雪の降り積もる沿道を横目に、車は危険な状態を何度も打破しました。

石鎚登山ロープウェイを下車して成就駅に降り立つと 神聖な世界です。

これほどの心地よい感覚は滅多に経験できるものではありません。

真っ白な雪道をザック ザック、一歩一歩踏みしめ、出会う人みなに

「おめでとうございま~す。😃」

と、新年のご挨拶をします。

知らない方と顔を見合わせ心が通い合う瞬間です。

緊張がとけたように照れ隠しみたいに笑って、それから軽く会釈をしてそれぞれの道を行くのです。

私は帰りの車の中も、

昼下がり、実家や親戚へ新年のご挨拶周りの最中も、

夕飯の準備をしている間も、ちょっと幸せな気分になっているのです。

なにが、どう幸せなのか説明がつかないけれど、

何もなければ一緒に笑うこともない人たちと偶然のきっかけで、

神聖な所で同じ気持ちになれたことに、ちょっぴり感動しているのかもしれません。

石鎚にて

はるか平地を望む

山の精霊・・・

2010年 元旦

石鎚の麓から空を見ると雲一つ無い快晴で、満月が輝いていた。

真夜中にT氏家族と合流し林道をくねくね走った。

除夜の鐘をついた子ども達は車の中でお休みだった。

助手席に座る私は、

「今年は、例の場所でご来光を拝むことができるかしら。」

と期待しつつ、山に浮かぶ満月に見惚れていた。

月に照らされた木々は静かだった。

「山の精霊が手招きをしているみたい。」

と言ったら、夫はハンと鼻で笑うだろうな・・・ 🤔

ロープウェイ乗り場の駐車場は例年より空きが目だった。

所々凍っている乗り場までの坂を 寒さに耐えながらゆっくり歩いた。

明けはじめた頃、石鎚登山ロープウェイを下車して成就駅に降り立つと 辺りは一面真っ白だった。

雪のちらつく中、出会う人みなに

「おめでとうございま~す。😉😆😃」

と、新年のご挨拶をしながら 山道をザックザックと登った。

成就社の手前に、この土地で一番早く初日の出を拝む絶景の場所がある。

7時、、、その場所に立ち数分待ったが雲が切れることは無かった。

残念。。。初日の出を観ること叶わなかった。

石鎚神社の中宮 成就社で初詣をした。

その隣にある山小屋で夫婦2組と子供たち6人が賑やかな新年会をして山を下りた。

石鎚の麓では、朝日が眩しかった。

LOVE

ピース

皆で

成就社までの雪道

成就社までの道

LOVE

LOVE

成就社

 
成就社道中

家族で成就社に初詣をしました。成就社は、諸願成就の宮だそうです。

思い切るまでが大変で・・・気合を入れて、早朝4時に起床しました。西に向いて車で走る事1時間30分。

そして、石鎚登山ロープウェイを下車して、雪のちらつく中、山道を30分程ザックザックと登りました。

何故か?足取りは軽く、寒さを忘れていました。

雪を踏みしめる時の足の裏から伝わる感覚は、抜群です。ふわっと、ざくっと・・・。

子供達は、数歩登っては逆走したり、それを繰り返しながら、ふざけて雪合戦を始めてしまいました。

赤くなる手に無頓着で、雪を丸めて襟足に雪を投げ込んだり、顔にぶつけたり、元気一杯でした。

その道中には、この土地で一番早く初日の出を拝む絶景の場所があります。

そこに立ち、雲がきれるのを待っていましたが、今年も初日の出を観ることはできませんでした。

来年是非、初日の出を拝む事が出来ますように。

願い成就でお礼参りとなりますように….☆”

成就社

石鎚山は、日本七霊山の一つです。 その霊山を “ 神しずまります山 ” と崇めている御社が石鎚神社です。

山頂に頂上社、中腹に成就社と土小屋遥拝殿、そして、瀬戸内海を臨み国道に近い本社、

その4社をあわせて石鎚神社というそうです。

LOVE

成就社にて新年会

LOVE

2007年 元日 Part②
4時に起床し、3組の仲良し家族が誘い合わせて 石鎚神社の中宮 成就社へ初詣に行きました。

石鎚ロープウエイを登り、6時に成就駅に降り立つと 辺りは一面真っ白でした。

竹灯篭の彼方に 西条と新居浜のネオンを臨むことが出来ました。

雪の山道を30分程ザックザックと歩きますと、成就社の手前に初日の出を拝むには絶景の場所があります。

その場所に立ち十数分待ちました。

7時、陽が昇るまであともう一息という時、真っ黒い雲が流れてきました。

残念なことに この土地で一番早い 初日の出を観ることはできませんでした。

.

.

成就社では、おみくじ大吉を引きました。幸先よろしくてハッピーハッピーです。

成就社の隣にある山小屋で新年会をしました。夫婦3組とそれぞれの子供たち8人、全員で14人です。

おでん、ゼンザイ、うどん、おにぎりを食べました。殿方は美味しそうに酒がすすんでいました。

母と子にとっては、賑やかなのが ご馳走です。

場所と集う家族数は年々異なりますが、この新年会が20年も続いているのです。

数年前にこの場所へ来た時は、鎌倉が造られており子供たちは大ハシャギでした。

友人の子供が迷子になり、皆で血相を変え探したこともありました。

子供たちの成長が主ですが、思い出話しがゆっくり ぽん ぽん 湧いてきました。

9時に山小屋を出ました。双子が雪と戯れているその頭上をサーッと光が射しました。

氷の衣を着た木々たちも、陽をあびてうれしそうに光っていました。

帰りはリフトに乗りました。不自然な揺れ具合に 乗り始めは何度かオゥ~と叫んでしまいました。

遥か足元には、猪にしては小さい? 野うさぎ? の足跡が雪の中に点々と連なり 数本の長い曲線を創っていました。

この集まりが、この先もず~っと 出来るだけ長く続きますようにと、心の中で手を合わせて山を下りました。

12時に、家に帰り着き、年明けから洗濯物に追われる現実に戻りました。

.

バラ

LOVE

プレゼント

.

【 お ま け 】

.