おもんぱかる



娘の発する言葉から おもんぱかって今日のBlogを書いています。



長女は、娘(孫)の成長とともに人と会う機会が増えました。



このコロナ禍、中止になりませんように…と、この日を待ち、
今日、児童館の“七夕まつり”に行ったそうです。



スタッフの方々や同じ歳頃の子を育てる親同士、大切な時間を有意義に過ごしたようです。



勤めている時以上に、相手の事を思う気持ちを意識して人と関わり、相手の事を考えた発言をしながら親子で楽しむ 貴重な時間だったようです。



なかなか人と交わることができないご時世だからこそ、娘は相手を意識することを大事にしているのでしょう。疲れないかしら?



親子で楽しんでいる!
そのことが、私にとっては最大の喜びなのです。

.




娘が、簿記の結果を教えてくれました。
(1週間ほど前から既に結果が出ていることを私はネット情報で得ていました)




見事、合格です。



受験番号が素敵な数字なので、喜びを七夕まで持ち越していたそうですよ。



11月の簿記2級の試験に向けて、また.また.勤しんでいるようです。

.

日々是好日



我が家の娘達は、好き嫌いがはっきりしていて、思ったことを率直に言えて、それでもって魅力的な子です。
言い換えますと、わがままが似合う真っ直ぐな娘達です。(母の視点です)



ところが、



次女(妹)の視点で長女(姉)を例えると…
“〇魔!”
昔も今も『正義の味方』(2008年ドラマ)の姉と妹の関係とほぼ似通っているそうです。



それは以前、次女が友人に愚痴っている言葉で知りました。
冗談でしょうけれど❤



母の脳裏には、それぞれの幼い頃からの苦労している顔や頑張った顔がしっかり焼き付いています。



今日も、妹は姉の要請に応えるべく病明けにも関わらず痛む腰をおさえ、往復180kmの運転を経て、姪の子守りを成し遂げて帰ってきました。



32歳と29歳の娘たちの関係は今も尚、健全に続いています。



仲良きことは美しきかな♡




今日、長女は、簿記3級を受験しました。
今後、どんな仕事に就きたいか.どんな風な生き方をしたいか.真剣に考えた上での努力だと思います。



次女も一緒に考えることで、真剣に今の生活に喝を入れたことでしょう。



子育てに奮闘している姿!
姉妹愛!



来る日もまた来る日も、楽しく平和な日と良い関係が続きますように。



ココに娘たちの努力をほめたたえて記します❤

.