気持ちを話す



先々週、38度を超す熱が数日続いている父の様態を 入所している特別養護老人ホームから知らされていました。



熱が治まって一週間が経ち、ようやく父に会えました。



エントランスに父と母と弟と私、古い家族が揃いました。



ガラスごしに見る父は、不機嫌そうに見えました。



弟は、
「家族揃ったのぉ。わかるか?わかるか?」
と、父に尋ねます。



母はしきりに
「じいちゃん!じいちゃん!お互い長生きしょーねぇ。」
と、マイクを持って話しかけます。



ですが、父の返答はありません。



私が、
「ばあちゃんが作ったスイカを持ってきたよ。皆さんと一緒に食べてね。」
と言うと、



父はうなずきました。




ヘルパーさんの話では、

  • ゆっくり自分で食事をする
  • 人形を持つと抱いたり揺らしたりして遊ぶ
  • 癇癪を起こしたり暴れることは一切ない
  • 自分の気持ちを言葉で表現することはあまりない
  • 話しかけると静かに一言 応える

とのことでした。



いたって穏やかに生活しているようです。



内服薬で落ち着いたと聞くけれど
あの熱は何だったのでしょう?





車に乗り込んだ母は、
「元気そうで良かったー。」
と言っていますが、その後に
ため息を付きました。



前回の面談では、
オムツばかりに頼って、定期的にトイレに誘導していない!
と、その事を嘆いて排泄の介助を強く望んでいた母でしたが、
今回は、しおらしい様子です。



いつもなら、思ったことを口にする母ですが、

その母は、
何を感じているのか…。
何に怒っているのか…。
何と向き合っているのか…。

.





私は介護には詳しくないけれど、
そして、認知症の老いていく過程を知らないけれど、
私はそれでも、施設の介護者のお陰で娘をさせて頂いております。



私は、有り難いと思う気持ちと、
消えつつある父の感情や いつになく無言の母を案ずる気持ちが混在します。



母の心を案ずれば切ないし、今回の面会で父の笑顔が全く見られず胸が痛みます。




生きていると、嫌なことや傷ついたことが色々あります。
そんな時、その気持ちを話せるかどうかで、心の健康は大きく変わってきます。

人って不思議なもので、気持ちを聞いてもらうことで、健やかな心持ちで過ごすことができます。

ところが反対に、どんなに心が傷ついてもタイミング悪く話すことができなかったり、我慢することを自分が是認すると、体調が不調になったり、心が病気になることだってあると思います。

そういう意味で、自分の気持ちを我慢することなく話せること、そして、気持ち良く聞いてくれる人がいることが大切だとつくづく思います。



私にBlogがあって良かったー。



まだまだ現役で勤めている弟は、家族から離れ母と同居しています。



母は今日の事を息子と語っていることでしょう。

.

長く生きて!

前回の面会では、表情が乏しく能面のような顔をしていた父。
あんなに無気力だった父が、母のいろいろな差し入れに反応を示した。
父の認知症はもとに戻ることはないだろう。
施設で、たくさんの人と会話をして刺激を受け、その社会に身を置くことが父親にとって最善のことだと実感した。
以前、父の施設入所を母が拒んでいたことがあった。
でも現実、母は毎日を楽しく懸命に生きている。畑を耕したり、カラオケに行ったり、裁縫教室の講師さながら自治会館へ通っている。
これまで子育てや様々なことに貢献してきたのだから、これからは自分のために時間を使ってほしい。

母は、まもなく83歳の誕生日を迎える。
2019年日本人女性の平均寿命は87.45歳だから、まだまだ長生きできる。
平均寿命は年々更新していると聞くし、素敵な環境に居るのだから元気で長生きできるはずだ。

2018年4月の父の徘徊、その騒動以来、弟が単身で母と同居している。
母を交え弟とその家族が毎週食事に誘いあっていると聞く。
数日後に控えている母の誕生祝は、家族水入らずで外食で祝ってくれると言う。
私はイイよ。もう祝ってあげたよ。祝ったといっても特別な事をしたのではない。この秋に良いかなと思い、長袖の薄手パジャマをプレゼントした。
ただただ、父と母が生きている現実を喜んでいる。

☆    ☆

霧の森大福

夕刻、弟が、霧の森大福を持って我が家にやってきた。
すぐ帰ると言うので差しさわりの無い会話を玄関先でしていたら、とどのつまり遺産の話だった。
夫が二度(2000年9月・2014年7月)病気で倒れたことがある。私は、一家の大黒柱が倒れることの大惨事を身をもって経験した。
我が家を小市民と言ったことがあるけれど 貧民と言った方が真実に近い生活だった。
夫の快復から随分と年月が経ったのちであったが、そこを救ってくれたのが実家の両親であった。
“弟の願い” 遺産相続放棄を聞き入れて、お帰り頂いた。
霧の森大福を食べながら、実家が遠くなっていくのを感じた。
こうして、ふるさとになっていくんだなー。

 実家

聖橋から・・・

母と一緒に病室に入ると 父は母のペースに巻き込まれて 誘われるがままに手遊びをして、ウン·ウン·うなづいて、とても穏やかです。


私が一人で会いに行くと「そんなに笑って楽しいか?ワシがココにおるのが嬉しいか?」と、私を睨みながら言います。その後は、何を話しても聞く耳を持ちません。


心のてんびんが、傾いている日ね。
と、自分に言い聞かせ なるべく気にしないようにしますが、
私の気分は下降しています。
もう少し距離を置こう。
うかうか父の前で笑えないわ。
あの目は怖いわ。
頼まれごとを引き受けないようにしよう。
来るとしても、母と一緒がイイわ。
と、胸が苦しくなります。


その一部始終を見ていた看護師が
「見捨てられ妄想かもしれませんよ。」
と、さらりっと なだめてくれました。

ネットで調べてみました。

自分ひとりでてきることがどんどん少なくなってくると、その負い目はどんどん強くなります。さらに 認知症が進行してくると、「自分は家族にとって邪魔な存在なんだ」という思い込みが生じて、「自分はもう必要とされていない」と深い孤独を感じるようになります。 こうした「見捨てられ妄想」を患ってしまうこともあります。
と。


父は、不安なのかな?
その思いを表出できるほど、私に甘えているのかな?

さだまさしさんの『檸檬』
あの檸檬は、自分の夢? 
若かりし頃、あれは、夢を諦めた歌なのねー。と感じたことがあったけれど
父の病室をでた瞬間にその歌詞が脳裏をかすめました。
もう放り投げたい と。私、思ってる・・・
父と向き合うことを諦めた瞬間なのかな?

父の徘徊

昨年、冬の寒さから徐々に刻のうつろいを感じ 山桜が満開の頃、週に2回デイサービスに通う父を 母が懸命に介護をしていた。
実家は、在宅介護用のベッドやポータブルトイレ、玄関上がり框用の手すりと 福祉用具がドンドン増えていた。
その時だった。

2018年4月8日の早朝、母の視界から父が消えた。家族と近所の方々、そして、自治会を巻き込んで総出で捜した。その大騒動はおさまらず、昼過ぎには捜索願を出した。
父は、運が良かった。北の山奥に入って十数メートルの崖下に転がり落ち、茂みに座り込んでいる所を 捜索に協力して下さった地元の消防団員が見つけてくれた。
吉報が届いて数分後には もうすっかり日が沈み、なかなかスグに救助ができない位置らしく、レスキュー隊出動!と聞こえてきた。
自治会の方々は、川辺で細い枝をかき集め薪をし、暖を取りながら案じてくれていた。
私はその当時、保育士試験を数日後に控え保育実習理論の移調を勉強していた。不協和音にならないように♯・♭を付けて…独学では、難しいところだった。
人の人生、一度道を間違うと とんでもない人生になってしまう。
世の中に起こっている事件は、心の傾きで移調をしてしまった人達が起こしているのだろうか?
父の人生も自ら移調をしたのかも…。
などと思ったりして、まるさんはアホか? 私の思考回路はめちゃくちゃだった。
夫と子供たちは捜索に協力して下さっている方々を気遣い、謝罪して廻っている。その存在が有り難かった。
父は12時間の徘徊後、多くの方々の助けにより、無事に戻ってきた。レスキュー車の照明の中から救助された父の姿が見えた。
さっきまで寒かったはずなのに、暖かくて天国だ!と、思った。
顔にはすり傷、頭から血が…、すねは破れ、衣類は土埃。
父は、ウリ坊を追いかけて山へ登ったと言う。

すぐ、auあんしんGPSを杖に取り付けた。

この事件の1か月後、山にはつつじが咲き始め、父は硬膜下血腫を患い手術を受けた。
愛のこもったリハビリを受け、経過は良好だった。
退院後、母の願いで、父は居宅介護支援施設に宿泊をしていた。
だが、処々の症状が見え隠れし受診をしてみると....
再度手術を受けることになった。

今、病室の窓から 日暮別邸が見える 。

☆     ❤     ☆

日暮別邸

無事で良かった!

実家の父と母は夫婦仲良くて感心。そして、安心。私はそう思っていた。
母が大根を持ってきてくれると言うので その約束の時間前に文化祭の展示物を見ていると 携帯が鳴った。
母は昨日、畑仕事をしていてギックリ腰になり 今日になっても痛みが激しく 身動きが取れないという。

急いで実家へ行くと、寝ているとばかり思っていた母が 腰を押さえながら玄関に立っていた。
その傍らに全身ビッショリ濡れた父が、一枚ずつ洋服を脱いでいる。
つい先ほど 父が庭の池に落ちたのだという。腰の痛みで身動きの取れないはずの母が、渾身の力を込めて父を引き上げたと言う。
無事で良かった❗

池には青いビニールシートを張っている。父は、その上に落ちる枯れ葉を 網で拾い集めていて足を滑らせたらしい。
母が言うには、母が布団から出れないので父は朝食を一人でとり、食べたコトを何度も忘れたものだから 冷蔵庫の作りおきのモノをいつの間にか全て食べてしまった。ことのほか膨らんだそのお腹が原因で 身動きが取れなくて落ちたのだという。
うー、確かに父のお腹は大きく膨らんでいる。

原因は食べ過ぎ?それよりも 認知症。
母の腰痛の原因は、疲れているのに畑仕事をしていたから。私が大根をいると言ったから。
夫婦が補い合い 仲良く暮らしてくれて安心…と思っていたけれど・・・最近、大丈夫じゃないことが続いているよ。
父が孫の結婚式の引出物のひとつ 入浴剤を口に入れてしまった騒動があったばかり。
なかなか どうしたものか。

今、家に帰ってきた。
我が家の小さな庭に 水仙の茎がツンツンと数日前よりも伸びている。
寄り添い集まる花が香りだす頃を想像する。 楽しみだな~

 

水仙