食卓と表現



食材が乏しいので今日は買い物に立ち寄る予定でしたが、終業時間が押したので真っ直ぐ帰ることにしました。



帰宅途中、家にある食材を思い起こし、主菜を決めました。



今夜のメニューの一つは、コレ!



“チャプチェ”です。



数日前、さるお方のBlog記事を拝見していて、頭の隅に置いていました。

.



猛暑のため仕事を早く切り上げている夫は、私の帰宅を首を長〜くして待っています。



あっ!多少語弊がありますね。



私が作る “酒にあてがうおかず”を待っているのです。



出来合い物で間に合わせることが極端に嫌いな夫は、自分はキッチンに立つことさえもしないのに😜家庭で作る料理が何よりも大好きです。



そこで、数年前まで あるアプリからレシピを選んでいましたが、
最近は、日頃訪ねているブロガーさんの影響が大きいです。



WordPressのブログ記事の何気ない拝覧は、食卓に限らず言葉の表現も勉強になっています。



表現を磨く人は、最高の未来を掴む!❤
って、目にしたことがあります。
どなた様の投稿だったでしょうか?



生活を磨く人は、最高の未来を掴む!
そう信じて邁進しています♬



今日も大助かりです❤



限られた時間の中、生活もインプットとアウトプットの応用です。

.

追記:

雪見大福さんの簡単で美味しいチャプチェのレシピ記事です。

 【主菜】食感が楽しめる!チャプチェ



雪見大福さんは、家で食べることが何よりも幸せだとおっしゃる奥様です。
作って食べる幸せをテーマに料理を紹介しているBlogです。

.

よいしょ☘



残業でいつもより遅く帰ってきました。
娘が晩御飯を拵えてくれていました。
本当に、助かります。

.



明日のお弁当のおかずも 既に作っています。
有り難いわー♥

.



おまけに、
バレンタインデーなので手作りケーキまで食卓に添えてくれました。
嬉しいわー♥

.





ここで、よいしょ しときましょうかね。



このように彼女の心遣いに癒やされることがしばしばです。



とてもよく気の付く、我が家には勿体無い娘です。



娘は、5年間の大学生活を経て、現在お勤め6年目、それと同年の彼氏居ない歴更新中、アラのサーです。



彼氏の有無を(母としていつも気にしている)我慢しかねて確認して、
娘の顔面を歪めてしまいますぅ………。




これ以上書くと 更に「何しよんよ!!💢」と、言われそうですね。



そんな娘を持つ母ちゃんが、



お世辞ではなく、
今日は娘を誇らしく思う気持ちを書き綴りました。

.

夫の誕生日



数日前、夫の誕生日でした。



長男家族からは、孫のメッセージが書き添えられた夫の大好きな二階堂焼酎を頂きました。



T氏から、ハマチを頂きました。
趣味の船で沖に出て釣ってきたそうです。



「ささやかなプレゼントじゃ!」
と、おっしゃいますが、
誠に有り難いお心尽くしです。



夫が捌いて、刺し身にしてくれました。
長男家族が集まり、孫の運動会や空手の話で盛り上がりながら楽しい時間を過ごしました。




またひとつ歳を重ねましたね。
更に重ねる月日が、健やかな日々でありますように❤

.

梅酒を飲みながら


気持ちの良い夜ですね。



今夜も長男家族がやってきて、いつの間にやら毎週恒例となってしまったお食事会でした。



次女が作った梅酒を銘々の好みに割りながら頂きました。



なんとも なんとも美味しいこと。



飲みやすいので、あっという間に喉を流れていって、会話も流れるぅー流れる。



夫と次女と長男家族で いろいろと話しながらの食事は最高です!



さらに、3人の孫が楽しさを倍にしてくれます。



「ねぇー母さん。息子は、永遠の彼氏よねー母さん。息子が傍に居てくれて嬉しいね。」
と、次女が言います。



返答に困っちゃう。。。



語弊が、かなりあります。



家庭を持っている人(うん?言い換えると)
相手の人生に責任を持っておられる人に、
“彼氏”などと おそれ多い話です。



今や恋心を抱いているのは…孫なのですけど。。。



それもまた、あわや嫁との関係崩壊か?



嫁の顔を見ながら、
「ありがとう!」
お嫁ちゃんの協力あっての今でございます。

.


梅の実がなる木です。
今年6月
娘が頑張って、このように梅の実を穫りました。

.

ぎょうざ


彼岸の入りです。



祝日も仕事に励む夫が帰ってきました。
やっと暑い夏を越したかなーと、思っていたら
今日は特に暑かったらしく、
作業中は何だか本能で動いている感じで、思考が停止していたとか…。



お疲れ様です。



その少し前に帰宅していた娘が
「父さん! ぎょうざよーーー!! 一杯、飲もや!!!」



そうなんです。今夜は、ぎょうざですよ。



「母さん、ありがとう。」
と、娘が何度も言ってくれます。
日々、食事を作っても このように言葉で感謝されることは珍しいのです。



恥ずかしながら、娘の言葉を借りると
“絶品ぎょうざ”
“古き良き時代のオカンが作る レトロなぎょうざ”
だそうです。


なので、足元も軽やか 自ら楽しく台所に行き着くわけです。



私は浮かれて、出来上がりの画を撮ることもなく、和やかな父と子の姿を見守りつつ、
次々とぎょうざを作り続けました。



ほめられたい欲望は果てしなくデカイ、オカンです。(笑)



どうぞ召し上がれ☘

.

.

※ 追画  ご希望に応えて♡(笑)