春の嵐

昨夜の叩き付けるような雨の後、猛烈な風が吹き荒れた。今年初の黄砂来襲は、近年稀に見る最大級らしい。

今まで経験したことがないほどの春の嵐である。 ニュースによれば全国的なことらしい。

空港機各社休便、JR運行も見合わせが続出したとか。

富士山麓の山焼きで、風向きが急に変わったため焼死者がでたとか。日本列島を春の嵐が吹き荒れた。

昼過ぎから黄砂が落ち着き天気も良くなったので、歩いてお墓参りに行こうかな。と、思っていた。

「ゆりちゃん(近所の認知症のおばあちゃん)が、彼岸花の球根を全部掘り起こしてしもた。」

と、たった今、お義母さんから知らせを受けた。

93歳で亡くなった祖母が、晩年お墓のブロック塀に沿って彼岸花を植えた。

それ以来二十余年、9月下旬から10月上旬にかけて彼岸花が咲き連なっている。

「すぐ行くからね。兎に角、気を沈めて。血圧、上がったらいかんけん。」

この世の中いろんな人が居る。

いつ何時、わが身が意思と反して非常識な事をしでかさないとも限らない。

責めることなどできません。

では、行ってきます。

考え中

春の嵐」への4件のフィードバック

  1. こんばんは(^ー^)ノ昨夜の強風凄かったですね。30年を経過した我が家は、まるで地震が来たかのように揺れてました。ところでお母様大丈夫でしたか?大事な彼岸花の球根を掘り起こされて、あわてられタンでしょうね。もう一度植え直せば、再び綺麗な花を咲かす事が出来るんでしょうか?自分の意に反して・・・・・我が家の家族にもそんな日が来るのではと、不安になる事があります。今のところは大丈夫なのですが。。。考えると恐いですね。

    いいね

  2. こちらも凄かったですよ!ベランダの鉢物は倒れてるし、立てかけてあった網戸もどっかに飛んで行ってしまって・・・。認知症は難儀です。納得できないのは血縁なら尚更。”病を憎んで本人を憎まず”とは言いますが、結構キツイです。

    いいね

  3. ◇hamaさん♪昨夜は凄かったですね~。長男の縁談が流れて2ヶ月が経ちました。親で有っても入り込めない部分があって理由はわかりません。本人は、平静を装っていますが、息子の落胆振りは、まだまだ見ていても苦しいです。ただじっと見守る事しか出来ないことを強く感じました。。靴を履こうにも力が入らず、玄関先でため息を突く姿を見て、「生きて生き抜いてよ!!母さんが居るじゃない!」と、思わず声を掛けたくなります。おっと!黙って黙って。。。見守るだけ。すさまじい嵐の後、何事も無かったかのように平穏が来ればいいのに・・・。息子に、新たな一歩が始まる事を願って・・・。って、Blog記事を締めくくろうと思っていましたら、お義母さんのTEL♪球根、息つくと良いのですが。どうでしょう。。。

    いいね

  4. ◇ねずみさん♪昨夜、お風呂の順番待ちでコタツでうたた寝していると・・・雷とともに家が揺れた。揺れた。凄かったですね。びっくりして飛び起きました~。雷が鳴ったと感じたのは夢の中のことで、現実は地震かと思いましたよ。綺麗に掘り起こしている球根を見て笑うしかありません。強風でお墓が心配になり、身内のお墓を一巡したらしいのですが、何故、見たところ何の変哲も無い正常な彼岸花の葉に手が出たのでしょうか?そして、土の中の物にまで目がいったのか不思議です。次々、ボコボコ出てくる球根が面白かったのでしょうか?ねずみさんのBlogを見ていると、お母様の認知症と向き合い大変な様子を感じます。健全な姿を知っているからこそ、現実がもどかしいですよね。血の通う息子だからこそ、そのギャップもヒトシオでしょう。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中