たしっぽ

   P1030937 

春を告げる野菜には土筆、わらび、よもぎなど色々とありますが、美味しいのは“たしっぽ”だろうと思います。

“たしっぽ”って愛媛の方言だそうです。土手沿いの田・・・尻尾♪

全国的には、いたどり(虎杖)と言うそうですね。

たしっぽの若い茎は柔らかく、山菜として食べられます。

子供の頃、真っ直ぐな たしっぽの茎(茎や葉が分かれる前)をポキンと折って、皮をむいて生で食べたことを思い出します。

塩に漬けたものも美味しいのですが、筍と一緒に煮付けた たしっぽの味が忘れられません。

触感はシャリッと瑞々しい~~~♪

艶やかで半透明な緑の茎は、筍の上にのっかってまるで宝石のように光っていました。

職場では、火曜日の先生と取りとめも無くそんな春を告げる話に花が咲きました。

 

今日は、我が家の双子っち17歳の誕生日です。

春の訪れとともに舞い降りた天使たちです。

心も軽やか♪何かうれしいことが起こりそうな予感がしますね。

あなた達の魅力は、あなた達の心もちでつくられます。

明るく 元気に 根気よく 新しい春のスタートを切りましょう。

誕生日

たしっぽ」への4件のフィードバック

  1. 下のお兄ちゃんと娘さんは双子だったんですね。気がつきませんでした。年度末の誕生だと、あと数日粘っていたら学年がひとつ下。柔道、続けているのかしら?したっぽ・・・よく判らんです。見れば判るかも知れないけれど、判らん。今日から関東も春だそうですよ。

    いいね

  2. 才ノヽ∋―_φ(゜▽゜*)♪御座います。したっぽ。。。!虎杖なんですね。調理して食した事は無いです。子供の頃に茎を折ってかじった「すかんぽ」の事かなって思うのですが結構酸味が強いですが、調理すると酸味無くなるんですか?双子さん17歳ですか。オ(・。・)メ(・◇・)デ(・△・)ト(・0・)ウ(・ー・)御座います。夏の訪れと共に舞い降りてくる予定の双子の孫が17歳の時、hamaは存在してるのかなぁ~。。。今現在順調に育ってるそうで、お腹が重くて動くのが大変だと長女が言ってます。

    いいね

  3. ねずみさん♪“たしっぽ”って言うんですよ。画像が無くてごめんなさい。四月になろうというのに風は冷たいですね。三寒四温と言う言葉がありますが、今年の気候は四寒三温って感じです。次男、柔道頑張っています。相棒の次女は、暇さえあれば良く眠っています。

    いいね

  4. hamaさん♪桜が二、三分咲いています。咲き切れなくて、そのまんま止まっているように感じますね。たぶん“すかんぽ”=“たしっぽ”です。調理をすると酸味が和らぎます。朝目覚めて四季を感じ、娘や孫を思う・・・hamaさんの日々は幾たびもめぐりますよ。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中