映画『世界から猫が消えたなら』

映画『世界から猫が消えたなら』を観に行ってきました。
感動して泣きました。家族の事、大切な人、かけがえの無いモノ、いろいろ考えさせられました。
レトロな街が柔らかい雰囲気でイイ感じ~。動物好きの友人に、是非観て見て!と、おススメしました。

郵便配達員の「僕」(佐藤健)は30歳。脳腫瘍の末期。「この世界で1つだけ何かを消す。その代わり1日の命を得ることができる。」と悪魔が取引を持ちかける。消すものは悪魔が決める。
電話。映画。時計。猫。次々消えていく…。回想シーンと現在の行ったり来たりの中、「僕」と家族、そして彼女(宮崎あおい)との関係が見えてくる。
5月14日公開したばかり。

虹

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中