快音

わずか5ヶ月だったが、母子生活支援施設に勤務した。


後半の仕事のひとつは、データ化だった。
戦後まもなくから始まっているこの施設の入所者記録をPDFにおさめた。
朽ちて赤茶けた紙を淡々と複合機に通していると 粉塵で機器が止まった。
文字が自然と目に入ってくる。
記録文書を読み進めながら悲喜こもごもを想像すると 
そのあらすじは、話を盛らなくても大作映画を上回っている。
だが、それを映画化したとしても…
見終わった観客は釈然としないだろう。
その記録は、
事実は小説より奇なりを絵にかいたような人生だ
と、締めくくっていた。


人生は恐ろしいほど波乱万丈だ。
努力が実を結ぶのは、ごくまれの事なんだー。
と、つぶやいてしまった。

私も、退寮者の支援をする上で身につまされる経験をしていた。

だが、私たちは運が良く 私たちの引き際は痛快だった。


訪問すると 半年前に退寮をした主は、障害者年金の給付が止まり、来月どころか明日の生活が危うい状況だった。
残された時間は、あと10日! 
寮長の指揮のもと、早急に主が不安を払拭できる道を考えた。

施設閉鎖に伴い、主と寮長と私の3人で、生活困窮の源である偽善者Mのもとにお願いにあがった。
主の生活設計の立て直しのご協力を頂くためだった。
「お願い」といえば聞こえは良いが、ここで一勝負!と、乗り込んだのだ。

私たちは以前から、主の意思を顧みることのないMの口調や、マウンティングの背景を懸念している。

やはり、
この日もMは、開口一番、自分の優位性を誇示していた。

Mは、主の故.叔父の行き付けの居酒屋女将である。そのMに 主の生活の困り具合を伝えた。
ご尽力を頂いたが、すっかり負の遺産となってしまったことを話した。

Mは、続柄の一番近い人が相続すべきだという信念で全国を駆け巡り相続争いを鎮静化したと興奮気味に話す。

私たちは、相続争いの鎮静化に投じた費用が売却額の8割であることが腑に落ちない。
が、その話には触れず、
今後、主の相談窓口は、庁舎の担当課になること、生活が困窮しているので法的に更なる調べがはじまるだろうことを伝えた。

Mは、何故もっと早く頼って来なかったのかと 主を責め、
主の健康と親子の将来を如何に心配しているかということと、
自分の苦労話を細やかなリアクションで流暢に長々と語る。
そして、
乗り掛かった舟、相続で発生した旅費は、人助けの旅行をしたと思えば安易なことだと言う。

いっときの高額所得で高額な国民健康保険料の払込み!それを 早急に払うことで医療費が軽減され、役所に迷惑を掛けなくても親子で細々と生活ができるだろう。
と、自ら提案し 来週、その全額を用意すると言う。


生活困窮打破作戦は大成功だった。

約束の日より数日早く、念願の国保料全額分を受け取り納付した。
これで当面の生活は緩やかだろう。

主の生活がしばらくは頻拍しないだろうことを祝って、車中、3人で万歳をした。


四半世紀一番の見事なヒットだった。

快音が胸に頭に響いた。


おーい!そんな額で納得するんかーーーい!

と、ここまで目を通して下さった方々は 思われるかもしれないが、
これが私たちにできる精一杯のことだった。



快音」への4件のフィードバック

    • とんびさん、覚えて下さっていたのですか😳
      2009年3月のBlog記事でした。
      (白モクレンは青い空に向かって八部咲きだ。綺麗だ。 一緒になってわっはっはっはっ!と空を見上げた。)
      と‥‥‥
      ワタシ 若いねー☘

      いいね

    • 一昔前のことでしたねー(笑)
      息子に「オカンは破天荒!」って言われてた頃ですよ。根っこは、そのまんまなので  次の職場も その勢いを取り戻しつつ頑張ります。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中