園児だった頃の思い出


【自分が園児だった頃の忘れられない思い出】
と言う5月のお題◕‿◕。

今月の報告書は、楽勝! 唯一の思い出があります。




私は6歳になったばかりの頃、物干し竿を持ち歩いたことがあります。

その当時、自家用車を家庭で所有していることは珍しく、その車で松山方面(動物園、松山城、道後温泉、飛行場 etc..)へ毎月のように家族で出掛けていました。

行く時は、新居浜-西条線海岸道路を通り、その境界の仏崎は まだまだ静かで、車窓から眺めるその周辺はとても美しく、視界を次々遮る松の木と青い海は絶景でした。

ただその道を通る度、気掛かりなことがありました。
それは、ペチャンコになった亀が路面に放置されていることでした。





行楽日和のある日、予定していたお出掛けが、中止になりました。

私の顔を見ることもなく忙しく家事をしている母にその理由を何度も訊ね、‘’仏崎に幽霊が出たから‘’と
ようやく聞き出した私は、
「そうだ!幽霊は・・・亀の化身に違いない。」
と、奮起しました。

籠に詰まった洗濯物を横目に 私は、物干し竿を引きずり 西へ西へ・・・。

てく、てく。 てく、てく。

カゴ車やトロッコが走る踏切を渡り、その仏崎まで 歩いて行きました。仏崎までの道のりは片道3km以上はあったと思われます。

車とすれ違う度、風が顔や胸に強く当たります。背丈よりも長いその竹竿を 途中何度も右に左に持ち替えながら歩きました。
竿を握る手にジンジンと振動が伝わります。左右クネクネ曲がったり急な上り下りの 長~い道のりでした。

てく、てく。 てく、てく。

やっとの思いで仏崎に着いた時、予想していた通り、道のど真ん中に亀の姿がありました。
私はそのシャゲきった亀を竿でつつき、今にでも滑り落ちそうな路肩からその亀を海に放り投げました。

「このお祈りでイイ? どのくらいお祈りしたらイイ? もっと?」
と、しゃがんで手を合わせました。

帰る道々、竹竿を置き去りにする事も考えましたが、持ち出したものの 母が困ると思い 持ち帰ったのでした。





何故、物干し竿を持って歩いたのか不思議でしょ? 何を考えていたのでしょうかね?

亀の墓標や海に返すための道具だとしたら長すぎるし…。

あまりに厄介なものを持ち歩きながらも 思い出す限りでは、決して後悔をしていませんでしたから、何か理由があるはずです。

その日は、弟が水疱瘡と診断された翌日のことで、弟にばかり手を焼く母を数時間困らそうと思っていたのでしょうか?

そう、ヤキモチ! それでしょうね。

私が水疱瘡に罹ったのは、そのまた翌日のことでした。

昔々の仏崎

園児だった頃の思い出」への8件のフィードバック

  1. こんにちは^^
    園児だった頃の思い出…3度読み返しましたよ(笑)
    6歳で物干し竿を持って3㌔歩いた
    亀のお弔いにしては…何で物干し竿?
    すべてが奇妙な事をしてたんですね 優しさかなぁ~
    お題に対して楽勝は強烈な思い出とわかりました(*^0^*)~♪

    いいね: 1人

  2. こんにちは(^^)
    このお話過去ブログにアップされてたと記憶してますが、違うでしょうか? 子供の頃の事はあまり記憶として残ってないのですが、あれって何だったんだって事は覚えてますよね。亀を海に放り投げた後、祈りをしたのはまるさんの優しさだったと思いますよ。

    いいね: 1人

  3. おはようございます(^o^)
    まるさんはとってもパワフルな頼もしさと優しさも兼ね備えたお子さんのようで👏👏👏
    幼稚園、私の育った頃、福島の田舎は町の中心地には有ったようでしたが、家の地区にはなかったので園には誰も行っていませんでした。その年齢の頃の事で思い出すのは、母方の祖母の葬儀の時、お棺(座棺ですが)の上部の小窓から、お別れしなさい と呼ばれ覗きました。その光景のような感じの夢を時折見ますよ。祖母の顔は浮かんで来ませんが、子供心に 死んだ人ってこんなア~~(@_@;)って思ったことが一番の思い出かな(*´-`)

    いいね: 1人

    • 粛々とした場であったろうと思いますが、お棺の小窓から故人のお顔とは…極めて衝撃的な思い出ですねー。

      確かに、今の私も変わらずパワフルかもしれません。

      いいね: 1人

    • 私は昭和48年まで新居浜の西はずれ(新田町)に住んでいました。その頃あたりまで、父の運転で頻繁に県道13号(壬生川新居浜野田線)を通って今治や松山方面へドライブをしていました。
      現在は西条~新居浜間は全線4車線に拡幅され東予地方の大幹線となっています。
      今の地図では愛媛県新居浜市の海岸線に仏崎という地名を見付ける事はできません。私の思い出の「仏崎」は、実は新居浜市ではなく西条~新居浜市境界付近の西条市内にありました。
      当時、その岬の少し北に風情よく海に浮いていた小島が、御代島(みよしま)です。その周辺の美しかった景観を今でも思い出します。
      その島は陸続きとなり、現在、海岸線は工業地(住友金属鉱山)として大規模に埋め立てられています。仏崎の岬は完全に消失?埋没?してしまったというわけです。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中