ジョー・ブラックをよろしく

『ジョー・ブラックをよろしく』1998年のアメリカ映画です。
私の大好きな作品です。もう幾度も見ました。
今回は、ア〇ラックのCMソングの影響で 即、観たくなってNetflixで!

ブラッド・ピットとアンソニー・ホプキンスが出演しています。
死神と人間の女性がつむぎ出す、ファンタスティックなラブストーリーです。

ラストの花火のシーンはきれいで美しい・・・ちょっと切なくてロマンチックです。
そして、音楽が最良です。圧倒されてしまいます。
観終わったら幸せと感動で心がいっぱいになります。

ドキドキ

下記は、ちょっとネタバレになります。


ブラッド・ピットがとっても初々しく好演しています。とにかくカッコ良く、そして、かわいいです♪
最初のコーヒーショップで目をキラキラさせながら話すブラピは、サイコーに素敵!!!胸キュンです。

ヒロインのスーザンを演じた女優クレア・フォラーニも素敵です。
普通の女性をごく自然に演技し、目と顔の表情から心のうちを表現する演技は抜群です。
これほどの憂いを表現できる女性に出会ったのは初めてです。
彼女は、ちょっぴりアンジーに似ています。アンジーをもうちょっと柔らかくした感じかなー。

アンソニー・ホプキンスは、余命を宣告された仕事熱心で品のある紳士を相変らずの貫禄でこなしています♪
数々の名台詞が心に響きます。要約すると「心をオープンに いつか稲妻に打たれる」
自分の死期を悟って家族との距離感を思い直したり、娘たちは 何が起ころうとしているのかなんとなく分かってきて・・・お互い、真実を語ることなく これから起こる事を理解している。この微妙なバランスが絶妙です。

「稲妻に打たれるのを待とう」

皆さまも、どうぞ泣いてください。

合格

過去記事ですが、この映画に触れた私の日誌がございます。是非、ご覧ください。

⇒ お雛様を飾りました

音譜

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中